mokaの1分間ゆる絵日記

英語学習、フルート、旅行についてのんびり描いたゆる絵日記です。

【留学準備編】海外送金の方法を解説するよ!




f:id:kiitos-moi:20180620111520j:plain

moka(@mokapple)です。 

留学するにあたって、避けて通れないのが海外送金。語学学校の授業料は、この方法で払いました。

か、海外送金って聞いたことないけどなんぞ・・・?

海外送金とは

海外送金とは、日本の銀行から、海外の銀行にお金を振り込むことです。

複雑でやり方が難しいですし、手数料も数千円と、それなりにかかります。

どの銀行から振り込めばいいか

まずは、自分が持っている日本の銀行の中で、どこから振り込むかを決めましょう。
私が聞いた話では、地方銀行からだと5営業日ほど時間がかかるので、メガバンクをおすすめします。

 

手数料の観点から見ると、楽天銀行とメガバンクが安いんです。が、楽天銀行だと店舗がないので、パソコンから自分で操作して送金することになるんですよね。

初めての海外送金だし、大金だしで不安・・・。というわけで、私は人を介して送金したかったので、三菱東京UFJのテレビ窓口を利用しました!

 

手数料も、窓口だと4500円かかるのが、テレビ窓口だと3500円とかなり安くなります。

テレビ窓口を利用しよう

まず、三菱東京UFJ銀行のホームページから、テレビ窓口がある支店をチェック。すべての店舗にテレビ窓口があるわけではないんですよね。

持ち物は2点。

  • 留学エージェントからもらった振込先の資料
  • 事前準備資料(印刷して持って行くことをおすすめします)

事前準備について詳しくはこちらのページを見てください。
外国送金Webサポート | 三菱東京UFJ銀行

 

テレビ窓口では、店舗に設置された個室のようなところに入って、テレビ電話でオペレーターの人と話しながら手続きを行います。とても丁寧!

私は事前に資料を作っていったので、所要時間は40分くらいでした。
事前に資料を作っていくと、時間の節約にもなります。

 

スペルミスなどの記載間違いがあったのですが、その場でお願いすれば直してくれました。よかった・・・。

スイフトコードとか記載場所がよくわからなくて入れてなかったものもありましたが、聞いたら教えてくれます。

 

無事手続きが終了したら、振込明細書をもらえるので、これを写真に撮り、エージェントにメールで送って完了です。

振り込み完了

翌日、留学エージェントから振込確認のメールが!1営業日で振り込めたことになります。かなり早く手続きできました!

学校の申し込みが完了したら、

  • 入学許可証
  • 支払い明細書

送ってもらい、これで一安心です。

 

エージェントさんや学校によって違いがあるかもしれませんので、あくまでも、参考にして頂けたら幸いです!

f:id:kiitos-moi:20171125195402p:image