Mokapple Blog

英語学習、フルート、旅行についてのんびり描いたゆる絵日記です。

カナダで痛感した日本の労働環境の問題点




f:id:kiitos-moi:20171002164027j:image

トロントに3ヶ月留学していました、mokaです。

海外でも有名な日本語、「KAROSHI(過労死)」。
本当に日本の拘束時間の長すぎる労働環境は問題だと思います。

平日の夜にボランティア

みなさんは、平日の夜、仕事終わりにボランティアをする気力はありますか?
そもそも、そんな時間がないかもしれませんね。

トロントでは、語学学習を通した異文化交流が結構盛んで、中にはカナダ人のボランティアが参加して、ネイティブから直接英語を教えてもらえる集まりもあったりします。

 

そんな集まりの開始時間は、平日の夜6時だったり、6時半だったりします。

・・・平日の夜6時!?

 

普通にスーツを着た、日本でいうサラリーマンのような人たちも何人かいますが、一体全体どうやって平日の6時に集まれるんだろう・・・。

彼らのうちの1人に話を聞いてみると、早い時は4時台、遅くても5時には仕事を終えられている、とのことでした。

 

私が日本で会社勤めをしていたころは、定時上がりなんて研修期間のあいだくらい。
本格的に働き始めてからは、仕事が終わった後にボランティアなんて時間まっったくありませんでした。

平日はすべて会社に捧げるものだと本気で思っていました。

でもカナダでは違うんです。
会社帰りの人が集まって、ボランティアに参加してくれている。

よその国からきた留学生に英語を教えたり、仲良くなって一緒に飲みに行ったりしている。

そもそも仕事で疲れて疲弊している人がいない・・・。

 

海外で体験するカルチャーショックはたくさんありますが、これはかなりびっくりしました。

会社以外の環境に触れることの大切さ

平日にボランティアできると何がいいかって、毎日を仕事に縛られなくて済むんですよね。

会社の同僚、上司以外の人とも話せて、つながりができる。

これって何気に大切なことではないでしょうか。

 

平日は毎日朝から晩まで仕事に縛られて、業務時間後も会社関係の人と飲みに行って、愚痴を言ったり、悩み相談をしたり・・・。

こういう付き合いも必要でしょうが、私は平日に仕事とは全く関係ない環境に触れる時間もとても大切だと思います。

 

こんな余裕のある毎日が過ごせたらいいなぁ、と思いながら、留学期間を終えた私は、日本に戻り、求人票を見てため息をつきながら、残業時間の少ない就職先を探すのでした。