Mokapple Blog

英語学習、フルート、旅行についてのんびり描いたゆる絵日記です。

ポーズマニアックスでアイキャッチ画像メイキング




 f:id:kiitos-moi:20170424215103j:image

mokaです。

 

先日Twitter上で、アイキャッチ画像を描かせてください!と募集したところ、とある親切なはてなブロガーさんの記事に使う、アイキャッチ画像を描かせていただけることになりました!

 

今回はそのメイキングです。

アイキャッチ画像とは?

アイキャッチ画像とは、こんな感じで記事のトップになる画像のことです!

 f:id:kiitos-moi:20170424212505j:image

まずは、名乗り出てくださったブロガーさん、九條ユーゴさん (@kujoyugo) | Twitterに、どんな画像を希望されるか確認!

 

ゲームをしている10歳くらいの男の子の絵が欲しいです!とのことでした。

 

私は普段あまりゲームをしないので、ゲーム関連アイキャッチ画像を描くのは初めてでした。では、早速作成していきます!

ラフを作成したよ! 

アイキャッチ画像作成の流れはこんな感じで行いました。

 

ラフ作成→ラフ確認→ペン入れ→色塗り→完成

 

まずはラフの作成に取り掛かります。

 

f:id:kiitos-moi:20170421210834p:image

アナログ時代の名残で、青線で下書きをしています。

青色は印刷に写りにくい色ということで、下書きの時によく使っていたんですよね。

 

男の子が寝転んで、携帯ゲーム機で遊んでいるイメージにしました。

 

f:id:kiitos-moi:20170421210839p:image

黒色でキャラクターを書いていきます。

 

 

f:id:kiitos-moi:20170421210847p:image

全体の雰囲気がわかるように色をつけました。

これでラフは完成です。

イラストを完成させよう!

九條さんに確認していただくと、OKとの事!

 

ここから完成に向けて突っ走っていきます。

 

f:id:kiitos-moi:20170421210848p:image

ラフでちょっと気になった点を修正、細かいところを再確認しつつ、ペン入れをしました。

 

いつもこの段階が一番集中力使います。
今回は私の画力不足が伴って1時間以上かかりました。

 

さて、つらいつらいペン入れが終わったら、楽しい色塗りの始まりです!

 

f:id:kiitos-moi:20170421210852p:image

ラフを元に色分けをしました。

 

f:id:kiitos-moi:20170421210855p:image 

レイヤーを乗算モードにし、エアブラシで影をつけていきます。

 

f:id:kiitos-moi:20170421210904j:image 

ハイライト、細かいところの調節、飾りを入れて完成です!

 

イラストによっては、水彩境界でさらに影をつけていきますが、アイキャッチ画像は、このくらい軽い陰影の方が、細々し過ぎてなくて良いかな、と思いました。

ポーズマニアックスを使ったよ!

今回このポーズを描くにあたっては、ポーズマニアックスというサイトを参考にしました。

 

ポーズマニアックスとは、いろいろなポーズを360度回転させてみることができる3Dモデルをたくさん掲載している絵の練習支援サイトです。

 

 ポーズマニアックスの使い方は?

 使い方は簡単です!

 

まずサイトにアクセスします。

 

f:id:kiitos-moi:20170424175522p:plain

(出典:Posemaniacs.com - 絵の練習用ポーズモデル

パソコンの画面はこんな感じ。
色々なポーズが一覧で表示されます。

 

f:id:kiitos-moi:20170424175708p:plain

(出典:Posemaniacs.com - 絵の練習用ポーズモデル

今回使った「寝そべる」ポーズはこちら。

マウスでドラッグし、自分の描きたいアングルに調節することができます。

 

30秒ドローイングを使ってみよう!

ポーズマニアックスには、30秒ドローイングというトレーニングページがあり、画力向上に役立てることができます。

 

これはその名のとおり、30秒で画面に表示されたポーズを書かなければいけません。

 

私は色んなポーズを描くのが苦手で、レパートリーも少ないので、この30秒ドローイングをちょくちょくやっています。

 

時間制限があるので、早くポーズの特徴を捉える能力が身につき、観察力がかなり鍛えられるのでおすすめです。

 

f:id:kiitos-moi:20170424143021j:image

(出典:Posemaniacs.com - 絵の練習用ポーズモデル

 

これはスマホからの表示になりますが、ます、トップページから30秒ドローイングを選択します。

  f:id:kiitos-moi:20170424143322p:image

(出典:Posemaniacs.com - 絵の練習用ポーズモデル

 

ポーズ画像が表示される時間は、実は10~90秒まで選択できてしまいます。
30秒じゃ厳しい!という方は長めに調節することもできますよ!

 

 f:id:kiitos-moi:20170424143323j:image

(出典:Posemaniacs.com - 絵の練習用ポーズモデル

スタートすると、こんな感じでランダムに画像が表示されるので、これを見ながらイラストを描きます。

 

30秒って正直短いです。

 

今まで見たこととのないようなポーズだと、どこから描き始めたらいいのか迷ってしまいます。

 

スマホでポーズマニアックスを表示し、iPad Proでイラストを描いて練習してみました。

 

だいたい10体くらい描くと、なんとなくコツもつかめてくるような気がするのですが、やはり毎日やらないと感覚も忘れてしまいますね。

 

これからはもっと頻繁に、週2,3回くらいの頻度で1日5分、30秒ドローイングをやって画力向上につなげたいと思います。

 

アイキャッチ画像を使っていただいた記事はこちら!

www.kujoyugo.com

私のようなヘロヘロした記事ではなく、しっかりと納得できるような内容の記事を書かれる方ですので、ぜひ、読んでみてください!

 

九條さん、ありがとうございました!