Mokapple Blog

トロント留学中!英会話好きな薬剤師によるイラストブログ。

【仕事関連】限界が来て倒れる前に逃げます




f:id:kiitos-moi:20161223220448p:image

 

最近仕事に追われて疲弊しているmokaです。

仕事量が多く、残業の無い日は無い、家でも仕事をするという状況が続いているので正直精神的にも体力的にも参っています。

でも、終電までに帰れてるんでしょ?

 

周りに仕事が辛いことを相談すると、特に親世代は、終電までに帰れているし、土日も基本的には休みなのだから、まだマシな方だとか、もっと酷い人はたくさんいる、という返事が返って来ます。

 

自分よりもっと大変な人がいるのは百も承知ですが、今現在自分がしんどくて、限界が来そうなのに、他にもしんどい人がいるのだから我慢しろ、という考え方には疑問を抱かずにはいられません。

 

限界が来てようやく周りに認められる

こんな状態の時、以前からツイッターでフォローしている雨宮さんの記事を拝見しました。

 

その時、私が思ってるのは本当にこの通りだ!!と思ったので、一部ご紹介させていただきます。

 

日本人って、努力って言葉好きですよね。「とりあえずがんばる」「もっとがんばればどうにかなる」とかって考え。

•••••••••••中略•••••••••••

キャパオーバーを「努力不足」と言ってその人の責任にして、「努力すればどうにかなる」という一昔前の根性論を叩きつける、ただの消耗戦。   

 

じゃあ「いつがんばったって認められるか」って話になると、「もうがんばれなくなったとき」です。

 限界まで消耗しないと「がんばった」って認められない日本社会が辛い - ドイツ発 雨宮の迷走ニュース

そうなんです。限界が来て、これ以上頑張れなくなってはじめて周りに辛かったんだね、と認めてもらえます。

 

でも、限界が来て倒れるなんて誰だって嫌じゃないですか。倒れる前に自分で限界を察知して、現状を変えるのはそんなに悪いことなのでしょうか? 

私は倒れる前に逃げます

私は仕事以外にやりたい事もたくさんあります。

一時期今よりもっと消耗していた時は、やりたい事すらもやりたくなくなって、鬱々とした日々を過ごしていましたが、そうなったらもう逃げられないような気がします。

 

私は限界来る前に、まだ現状を変える気力が残っている段階で、今の状態から抜け出そうと思います。

 

雨宮さんの記事、言いたいことをズバッと言ってくれます。是非読んでみてください!

www.amamiyashion.com