mokaの1分間ゆる絵日記

英語学習、フルート、旅行についてのんびり描いたゆる絵日記です。

人が待てるのは待ち時間に価値を見出せるときだけだ




f:id:kiitos-moi:20180605214833j:plain

 

1分で読めるブログを書いてます、moka(@mokapple)です。

薬局で薬剤師として働くようになってから待ち時間について考えさせられることが多くなりました。

今回はそんな1分間日記です。

薬局薬剤師として感じたこと

私の仕事は薬局薬剤師。
薬局といえば、薬をもらうだけなのに、すごく待たされる、というイメージではないでしょうか。

そう、私たちは処方箋を受け取ったときから、常に患者さんを待たせているということを念頭に置きながら行動しなければなりません。

 

そんな人に待ってもらう仕事をしてみて、「待ち時間」について考えるようになりました。

急いでるときは余裕がないとき

私は基本的に待つのが嫌いです。ですが、待ち時間に特にイライラしてしまう事があることに気づきました。

f:id:kiitos-moi:20180605214204p:plain

そう、待てない時って、基本的に自分に余裕がないときなんです。
心に余裕があれば、待ち時間が多少あっても、適度に時間をつぶして待てるんですが。

なので、自分が待たされることにイライラするときは、あ、いま余裕がないんだな、と気づけるいい機会でもあります

 

ですが、電車が2、3分遅れただけで何度も謝罪の放送が流れたりと、日本人は基本的に待たされることに過剰にイライラする人が多いですよね。
余裕がない人が多い、ということなんでしょうか。

もう少し待つことに、耐性があっても良いのでは。

待つことに納得いくかが鍵

個人的に「待てるかどうか」の境目は、待ち時間に対して自分が納得いくか、いかないか、だと思います。


ディズニーランドみたいに、好きなアトラクションに乗るために並ぶなら、自分が納得できる待ち時間。
スーパーのレジが混雑していて、待たされるのは、あまり納得のいかない待ち時間。

私はセルフレジがあれば、自分でスキャンできるのに、無駄に待たされている感じが好きになれません。

最近、食料品店だけでなく、ユニクロやGU等の衣料品もセルフレジで買えるようになってきましたが、大歓迎です。

 

待つ価値がある、と思っていることには、人は待てるんですよね。
人を無駄に待たせないのは当たり前ですが、待たせてしまうときはそれなりの価値を提供するべだと思います。

f:id:kiitos-moi:20171125195402p:image