mokaの1分間ゆる絵日記

英語学習、フルート、旅行についてのんびり描いたゆる絵日記です。

「何で出来ないの?」って新人だからです。




f:id:kiitos-moi:20181104110844p:plain

moka(@mokapple)です。

 

薬学部を卒業した私は、新卒で一般企業に入社、その後未経験で薬局業界に中途入社しました。

イメージでいうと、運転免許を取ったけど、ペーパードライバーの人が、タクシー会社に就職したようなものです。

薬剤師免許をとったからといってすぐ使えるわけではない

 

薬局薬剤師としての業務は全くわからなかったので、しっかり勉強できる環境をと思い、転職しましたが、上司があまりにも理不尽で、我慢の限界が来てしまいました。

何で出来ないの? 

転職エージェントを利用し、未経験歓迎の薬局に入社。
「教育体制がしっかりしている」との話を担当者から聞いたのですが、実際の現場では、全くそんなことありませんでした。

 

失敗をすれば、「何で出来ないの!?」で責めるだけ。
何で出来ない、って「やったことがないから」以外の答えはないんですけど。

何で出来ないの?

散薬の賦形剤を間違えたり、一包化が遅かったり、確かに迷惑をかけたので、反省して、次は同じ失敗をしないように気を付けようと思ったのですが、上司からは失敗したことを責め立てられたり、その場しのぎの解決策をぶっきらぼうに言われたりするだけで、全く次につなげられません。

 

もちろん丁寧に教えてくれる人もいましたが、私の教育担当の上司がこんな調子なので、ストレスはたまる一方でした。

教えてくれない

入社して数ヶ月たつと、業務の全体像が見えてきたので、「この仕事は次は新人の私に回ってくるだろうな」っていうのが読めるようになってきました。


そこで、いずれ任される仕事だと思い、先輩のやっていることを見ながら学ぼうと思ったのですが、教育担当の上司が首を突っ込んでくるんです。

「まだ基本的な業務も出来ないのだから、先々仕事を覚えるのはやめなさい」と。

 

ですが数ヶ月後にその先輩が辞めます。すると急に私に先輩の仕事を振ってきて、一言。
「え、何で出来ないの?」

何で出来ないの?2回目

もうどうすれば良いかわかりませんでした。

 

きっとその職場は、「人に教える」ということがわかってなかったんです。

新人に物事を教えることは、ものすごく根気が要ることなんでしょう。


よく、「普通にやってくれたらいいから」って言われますが、あなたやここの職場のいう「普通」が何なのか、新参者の私にはわかりません。

逆流性食道炎になった

数ヶ月間職場でのストレスを我慢し、キリキリする胃痛に耐えた結果、これ以上ないくらいの胃痛に悩まされるようになってしまいました。

街中を歩いていたら、突如、激痛に近い腹痛に襲われて身動きもとれなくなったりもしました。

 

胃カメラ飲んだ結果、胃が真っ白に。逆流食道炎だといわれました。

 

ストレスで逆流性食道炎に

何食べても、胃が痛いし、なんなら何も食べてなくても痛い。
一番ひどい時期は、食事ものどを通らないし、本当につらかったです。

 

そもそも何故ここまでこじらせたかというと、自分のストレスに気付いていなかったからなんですよね。

職場から帰って来るたび涙が止まらなくなり、常に眉間にシワをよせるくらい気分が滅入っていたのに、体調を崩すまではこれがストレスだと気づきませんでした。

 

新人で何もできないんだから、多少のストレスはあって当たり前だし、こんな事でくじけていては、と思っていたら、いつのまにか限界を超えていたようです。

教えることは一筋縄ではいかない

私は、「人に物事を教わる」ということをなめていました。

マンツーマンで丁寧に教えてもらわなくても、相手のやり方を観察して真似したりすれば、やっていくうちに覚えていけるだろうと。

ですが、そのやり方では限界があったんですよね。
特に命を扱う医療現場では。

 

人に物事を教える、というのは、一筋縄ではいきません。

相手がどこまで理解していて、どこからがわからないのかを把握し、さらに手本を見せて、1度自分自身でもやらせないといけない。

人に物を教えるという事

人に物を教えてもらう立場になって、初めて教育の大変さがわかったんです。出来ない新人を見てると、イライラするだろうなぁ、と申し訳なくも思います。

 

人間は忘れてしまう生き物。

自分が新人だった頃の記憶を呼び覚ましながら人に物を教えるのはきっと、ものすごく大変なのでしょう。

それでも、ある程度自身が業務を出来るようになったのなら、後輩にそれを伝えるのは、仕事の一環なのではないかと感じます。

 

新人教育の経験がほとんどない現場で、出来ないことばかりを取り上げられ、さんざん罵られ、1年目は正直辛かったです。

 

よく、「ストレスたまるなら休めば良い」「パワハラの横行している職場なんてさっさと辞めたら良い」なんて話を聞きます。

私も全く同感だったのですが、そもそも自分が逃げなければいけない状況だと自覚すらできないんです。出来ない自分が悪いのだから、頑張らなければ、と。

 

本当にやばい状態に陥るまでわからないものだと実感しました。

涙が止まらなくなって、家族に助けられ、何とか転職できましたが、地獄を味わうこととなりました。

f:id:kiitos-moi:20171125195402p:image