mokaの1分間ゆる絵日記

英語学習、フルート、旅行についてのんびり描いたゆる絵日記です。

英語学習者必見!おすすめの英字新聞ジャパンタイムズアルファ




f:id:kiitos-moi:20181107222057p:plain

moka(@mokapple)です。

かれこれ6年以上英会話を勉強していますが、最近になって、始めて英字新聞に挑戦しています。

おすすめの英字新聞、The Japan Times Alpha

始めて英字新聞を読む!という人に超超超おすすめなのがThe Japan Times Alpha です!

1週間に1回発行。
購読して数ヶ月経ちましたが、毎日欠かさず読んでいます。

量的には1日30~40分ほど読んでいますが、1週間でなんとか読みきれる、といったところ。
軽いので、外出時にも持ち歩いて、移動時間に読んだりもしています。

 

おすすめの英字新聞

とにかく、「英語学習者」にはおすすめです。

おすすめポイントを3つほど挙げていきますね。

辞書が要らない

辞書が要らない

記事の終わりの方に、難しめの単語やフレーズを、日本語で書いてくれているんですよね。


新聞記事って、政治のことだったり、身近ではない内容が多く取り上げられます。
つまり、使われる単語も知らないものが多いという事。

一つ一つ単語を引いていくのは心が折れるので、ある程度難しい単語は、日本語で簡単に説明してくれると、いちいち止まらずに、文章を読み進められます。

良く出てくる単語や、気になる単語は「語源図鑑」で調べて、イメージで覚えるようにしています。

日本の話題と海外の話題が程よい

日本の話題と海外の話題の割合がほどよい

ニュース系の記事が5ページほどありますが、一面はだいたい日本の記事、次ページから日本と海外の記事が半々、といったところでしょうか。

日本の記事が少し多めの印象です。

 

いくら英字新聞とはいっても、全く知らない話題が多いと飽きがきてしまいますからね。
日本のニュースで聞いたことのある内容を英語で読みつつ、海外の情報も知れる、といった感じです。

英語学習者向けの記事が面白い

英語学習者向けの記事が面白い

内容はニュース記事だけではありません。

出てきた単語のクイズ、ビジネス英語、TOEIC対策、コラム、クロスワードなど、様々な内容の記事がたくさんあります。

というわけで、全く飽きないんですよね。

ニュース記事を読んで疲れたらコラムや、TOIECの問題を解いたり、1時間くらいは余裕で読み続けられます。

英字新聞を読み始めたきっかけ

今まで、2020年のオリンピックに向けて英会話を頑張ろう!と、スピーキング重視で英語を学んでいました。

が、色々な国の人と会話していくうちに、

あれ・・・?今、世界ってどうなっているんだっけ?

と思うことが多くなりました。

 

いくら異文化コミュニケーションとはいえ、相手の国のことや、世界情勢を全く知らないと、会話が弾まないんですよ。

あと、世の中の情報の大半は英語。
英語で発信するのも大切ですが、情報収集するのも大事だと思うようになりました。

それにはやっぱり、リーディング力は大切ですよね。日本語だと、情報も限られるので、英語で情報収集できるようになったら、かなり世界が広がると思います。

オンライン英会話でニュースを読む

オンライン英会話の教材もおすすめです。

英字新聞が広く浅く、情報を収集できるのに対し、オンライン英会話で使用するデイリーニュース系の教材は、1記事で1レッスン分ディスカッションできるように、狭く深く情報を知れる、といった印象です。

 

世界情勢を全く知らないまま先生とディスカッションは出来ないな~と思ったので、本も買ってみました。買っただけでしばらく棚の肥やしなっていましたが・・・。

学生時代に読んでた社会科の資料集みたいな感じで、世界情勢が簡単にまとまっている本も買ってみました。オールカラーです。

あ、これってデイリーニュースで読んだやつだ!っていう政策や事件が出てきて嬉しくなったりもします。

www.mokapple.com

世界情勢を学ぶ上で気をつけたいこと

ここで注意点なのですが、オンライン英会話では、政治系の話はあまり奨励されてはいないということです。オンライン英会話の方針にもよるでしょうが、私の場合は先生に直接、このように言われました。


というのも、政治系って、意見も分かれやすいし、議論も白熱しやすく、センシティブな話題だからなんですよね。

 

オンライン英会話だけでなく、実際に海外の人と話すときも、政治系の会話は、普段以上に気をつけなければいけないと感じます。

政治系の話題は気を付けよう



世界情勢を知ることはとても大切なことですが、それ以上に相手の意見を否定しない、感情的にならない等の姿勢を持って話すことが重要です。 

英会話サークルは出会いの場?

ちょっと英字新聞と話がそれますが、私が世界情勢を知ろうと思ったきっかけは、英会話サークルで嫌な事件があったからです。

事の発端は、英会話のサークルを、出会い系サークルか何かだと考えている人達です。

 

私がよく参加していたのは、カフェのテーブルに数名座って、自己紹介をし、その後トークに移る形式のもの。まぁどこか街コンに似ているところがあるのかもしれません。言語が英語なだけで。

 

仲良くなったグループは、グループ全員で連絡先を交換したりすることもあります。

英語を勉強している人って、旅行好きだったり、何かと多趣味な人が多くて面白いので、私もよくそうやって友達を作っていました。

そしたら時々来るんですよ、、ね。男の人から。今度2人で会いませんか?みたいな。

 

多分相手は私の名前と顔も一致していないのに、よくもまぁこんな連絡よこすなぁ、と思います。

そんなことが続き、返信せずにいると、それなりの暴言を送られ、一時期かなり辛かったことがありました。

 

英会話サークルであった嫌なこと

それからは、ただ趣味とか旅行の話をだらだらするだけではなくて、英語を学んでいるからこそできる、世界に目を向けた話をしてみたいと思うようになりました。

 

話が脱線しましたが、英語を学ぶのではなく、英語で学んでみるのも面白いよー!といった話でした。

f:id:kiitos-moi:20171125195402p:image