mokaの1分間ゆる絵日記

英語学習、フルート、旅行についてのんびり描いたゆる絵日記です。

【カナダ留学編】ISXツアーでナイアガラの滝へ行ったよ!




f:id:kiitos-moi:20180710212511j:plain

カナダのトロントに留学してました、moka(@mokapple)です。 

 

トロントといえば、世界遺産ナイアガラの滝に近い街。

私は現地留学生御用達の、ISXという旅行会社を利用して、トロントから日帰りでナイアガラの滝へ行ってきました~!

果たして、海外のツアーって、どんな感じなんでしょうか?感想を書いてみました。

朝9時集合

待ち合わせ場所は、Museum駅付近に9時ごろ。着くと、すでに数台のバスが並んでいます。

 

ISXのツアーは語学学校を通して申し込みをするのが一般的な様で、バスも語学学校ごとに分けられていたので、自分の乗るバスは見つけやすかったです。

 

海外の旅行会社のツアーってことで、絶対時間通りに進まないだろうな、と思っていたのですが、早速20分遅れで出発しました。

 

わかってた、ここはカナダ。ゆるく行きましょう。

ガイドさんがゆるい

バス1台につき、ガイドさんが1人ついていましたが、私の乗っているバス担当のガイドさんはすっごくゆるい人でした。

 f:id:kiitos-moi:20170919114537j:image

 ※お名前を失念したので、ジャックさん(仮)とさせていただきます。

 バス内でマイクを握ったかと思うと、

「ブラジルー!」「イェー!」

「ジャパンー!」「イェー!」

みたいな感じで、とりあえず、車内を盛り上げる。

一通り盛り上げたら、満足して黙りました。

 

いや、今日の流れ説明するとかもうちょっとあるでしょ!!(笑)

 

カナダのガイドさんってこんなもんなのかな~って思って、他のバスに乗ってるガイドさんと比べてみたのですが、ジャックだけ尋常じゃないくらいゆるかったです。


他のガイドさんてきぱき動いてるのに、なんかうちのジャックだけ道に迷ってるんですけど(実話)。

ナイアガラ・オン・ザ・レイクに到着

ナイアガラに着く前に、ナイアガラ・オン・ザ・レイクに立ち寄ります。

f:id:kiitos-moi:20170919121136j:image

西洋風の街並みがおしゃれで、五大湖の1つのオンタリオ湖を見渡すことができる街です。

 f:id:kiitos-moi:20170918204305j:image

 

ガイドさんって、旅行客の先頭に立って、こちらです〜って案内してくれる仕事だと思ってるんですが、この認識であってますよね?


ジャックは、何故か私たちの真ん中の方に混ざって、南米系の留学生と談笑してました。  

 

いや、案内してくださいよ!!w オンザレイクどこですか??

 

街に降り立ったついでに、ジャックにトイレの場所を聞いたら、「バスの中」って言われました。
バス内の取り付けのトイレ行くのが嫌だから聞いてんだよ!!要するに知らなかったんだよね、ごめんよ変なこと聞いて。

 

気を取り直して、ナイアガラ・オン・ザ・レイクを楽しみます。そして、日本人の私と友人は、急いで出発の時間までにバスに戻りました。 

が、集合時間にはもちろん、みんな10分くらい遅れて集まってきます。

なんならのんびりアイス食べてる人もいます。

日本のツアーだと、集合時間の5分くらい前には集まっていて、少しでも遅れるとみんなからいたーい視線を浴びますがここはカナダ。そして周りは主にブラジル人(南米系の留学生がすっごく多いんです)。

 

総じてゆるいです。

一応ジャックが、

f:id:kiitos-moi:20170919114556j:image

とかなんとか呼びかけていましたが、本人も集合時間に遅れてますからね。

ナイアガラの滝に到着

ナイアガラに着くと、早速ボートに乗りこみます。
あの有名な、滝ぎりぎりまで近づくやつです。

この写真の赤いボートです。

ナイアガラの滝の写真

あらかじめジャックにお金を払って、ボートに乗る旨を伝えているので、あとは彼がうまくやってくれるはず。

 

バスを降りて、ジャックはチケットブースへ向かうのですが・・・・。

トラブル発生!?

ナイアガラの滝のチケットブース

 

ジャック以外のガイドさんがテキパキ、チケットブースに並んで、自分の担当グループのチケット発券をする中、うちのジャックはなぜか1人、頭を抱えていました。

 

どうやら何かトラブったみたいです。
カバンの中をあさったり、なんか受付の人ともめて(?)いたり。

 

私たち留学生は不安に思いながらも、動向を見守ります。


するとジャックが振り向くなり一言、

 f:id:kiitos-moi:20170919114600j:image

 

いや、何が!!???

 

そもそも何があったのか説明されてませんが!!??

 

その後、何とかチケットを発券できたので、みんな一安心。ボート乗り場へ向かいます。ジャックが案内してくれるので安心ですね。

 

ジャックにぞろぞろ着いていくと、なぜか同じところをぐるぐる、2,3回歩かされました。
どうやらボート乗り場がジャック含め、誰もわからないようです。

 

”ガイド”の単語の意味いっぺん調べてみろ!!!

 

適当に歩いていたら、ボート乗り場についたのでジャックは放置して、そこに並びました。

ようやく乗船! 

ボート最高でした!!!

ナイアガラの迫力はすごいし、とても楽しかったです!!

 f:id:kiitos-moi:20170919114621j:image

水しぶきがすごいので、スマホの防水ケースは必須。化粧も問答無用で落ちていきます。

 

対岸にはアメリカ側の青いカッパを着た人がいて、国境だー!!とテンション上がりながら、ナイアガラの滝を楽しむことができました。

 f:id:kiitos-moi:20170919114630j:image

 

もうね、すっごく楽しかった。

まとめ:ISXのツアーはゆるいけどおすすめ

 

全体的にゆるいツアーでしたが、多分ジャックのせいです(爆笑)。

 

自由行動もできたし、日本のツアーっぽく、「周りに迷惑をかけない様に時間を気にしながら行動しなきゃ!」みたいな強迫観念がなかったので、とても気が楽でした。

 

これだけのんびりしていたのにも関わらず、トロントに帰り着いたのは大体予定通りの時刻だったという・・・。時空でも歪んでるのかもしれませんね。

 

ボートも含めて$80だったので、個人で行くよりは高いですが、何より楽なので、ISXのナイアガラツアー、オススメします!

 

語学学校に通ってない人でも、ホームページから個人で申し込めるので、留学中の方は是非!
もっとしっかりしているガイドさんもたくさんいらっしゃると思います!

 

最後に、ボロカスにつっこませていただきましたが、個人的にジャックは好きです。
ただ、もう2度と彼のツアーには当たりたくないけど!(笑)

f:id:kiitos-moi:20171125195402p:image