Mokapple Blog

トロント留学中!英会話好きな薬剤師によるイラストブログ。

薬剤師の私がマリファナとタバコの危険性について考えてみた




mokaです。

 

突然ですがみなさんはタバコにどんなイメージを持っていますか?
私は百害あって一利なしだと思っています。

 

タバコによって引き起こされる病気なんて山ほどあるし、
副流煙でまわりにも悪影響を及ぼすし、
においも嫌いなんです。

 

そんな時、DMM英会話の教材でいくつかのアメリカの大学、公共住宅で、喫煙が禁止されるという内容のニュースを発見しました。

Smoking to be Banned on Some US College Campuses, Public Housing | DMM英会話 デイリーニュース教材

 

 

喫煙者の薬学部の先生とディスカッション

DMM英会話には、薬剤師•薬学生の先生もちょこちょこいたりまします。
(フィリピンでは看護師さんが多いイメージ)

 

先日薬学生の先生と、上記のデイリーニュースの記事を読んで、タバコの害についてディスカッションしました。

 

mokaは、この禁止令についてどう思う?

 

私は大賛成。
この記事にもあるように、子供は副流煙のない安全な環境で育つべきだし、
私もタバコは嫌いだから嬉しい。

 

でも私はタバコが害しかないという考え方には反対。
タバコには利点もあると思うから。

 

えっ利点!!?

 

 

タバコを吸う人は、喫煙所で色々な人と交流する機会が増えるため、友達が作りやすくなり、人脈が広がるのだとか。

 

タバコって病気になりやすいだとか、健康の面での害ばかり考えられがちですが、確かに人と仲良くなれるっていう利点はあるのかも。

 

大学でもタバコ組は際立って仲が良かったのを覚えています。

 

医療系の先生でさえ、タバコは害ばかりではない、という考えを持っていたのには面白く感じました。

非喫煙者の先生とディスカッション

後日、薬学部でも喫煙者でもない先生と同じ記事を読み、ディスカッションしました。

 

私はタバコは危険だと思から吸わない。
むしろマリファナのほうがタバコより安全だと思う。

 

えっマジで!!?

合法化されないのはタバコ会社がライバルを増やしたくなくてそれを阻止してるからよ。

 

そういえば、以前カナダに行った時にマリファナパーティみたいなのが開催されてるって話を聞いたなぁ・・。

 

おそらく日本人とディスカッションしたらマリファナはタバコより安全だよ☆なんて方向にはなりにくいだろうな~と思いました。

薬剤師の私が考えるマリファナ

私は今現在薬剤師として働いている訳ではないので、参考程度に読んでいただきたいのですが、薬物依存には

  • 精神的依存
  • 身体的依存

があります。

マリファナにはテトラヒドロカンナビノールという物質が含まれていますが、
これは精神依存のみを形成し、身体的依存、また、耐性はありません。

(参考:薬剤師国家試験対策参考書 薬理)←まさかの青本w

 

個人的には精神的依存の度合いと使用した際の健康への影響が気になるところですが・・・。

 

大麻の使用で精神疾患リスクを高めるデータもあるようです。↓

Continued cannabis use and risk of incidence and persistence of psychotic symptoms: 10 year follow-up cohort study | The BMJ

 

カナダでは合法化の流れのようですが、白人のほうがアルコールに強い傾向があるように、人種の違いでまたマリファナの作用も変わってくるかもしれませんしね。

 

リスクを冒してまで嗜好品にする必要があるとは思えませんでした。