Mokapple Blog

英語学習、フルート、旅行についてのんびり描いたゆる絵日記です。

【仕事関連】”俺の時代は終電まで働くのが普通だった”っていうけど、私にとっては普通じゃないし、時代錯誤だと思う




f:id:kiitos-moi:20161207212408j:image

 

mokaです。

新卒で入社して1年目、最近、残業の無い日は無い、というくらい仕事に追われている日々を過ごしています。

酷い時は休憩無しでぶっ通しで10時間働いたこともありますが、その後病院にかかる羽目になりましたし、2度とやりたくないです。

ですが、私の親(50代)からすれば、"俺の時代は終電まで働くのが普通だったし、土日も無給で働いていたのだから、それら大した業務量では無い"らしいのです。

 

  

 

それ、時代錯誤なのでは? 

自分の時代がそうだったから、今の若者もそうであるべき、という考えは理にかなった考え方ではないと思います。

 

今の世の中の流れにあった働き方をするべきだし、自分達のやり方で問題があった箇所は、後世代で改善すべきではないでしょうか。

 

結婚したら女性が家庭に入り、家事を全てやって、ご飯を作って帰りを待っていてくれるのが一般的だった時代もあったかもしれません。

 

しかし、共働きが増えてきた今となっては、ほとんど家にも帰らず、すべてを仕事に捧げる生活は現実的では無いように思えます。

そもそも私には、大学6年間すべてを勉強に捧げるという鬼畜薬学部を卒業したので、息をつく暇もなく働け、と言われても、

 

ちょっとやすみたい・・・

 

というのが本音です。
高価な学費を払い続けてくれた親に、ゆくゆくは恩返しすべきだとは思いますが、それでも。

 

今風に働きたい 

f:id:kiitos-moi:20161207212441j:image

私は定時で帰りたいですし、昼休憩も1時間きっちり取りたいと思っています。

土日も無給で働くなんてまっぴらごめんです。

最近耳にするようになった、週休3日にも賛成ですし(その分残業を強要されないのであれば)、ネットで副業もしてみたいと思っています。

 

私はまだ社会人になって日が浅いですが、働き方は確実に親世代(50代)とは変わっています。

 

毎朝満員電車に乗り、決められた就業時間に会社につき、朝礼をし、サービス残業をして帰る働き方から、在宅、フレックス、 副業ありきの方向へ、時代は流れていっている••••と思っています。

 

ネットもこれだけ発達してますし、パソコン一台あれば仕事ができる環境であれば、仕事をするのにいちいち満員電車に乗って出社する必要性って、あまりないですよね。

 

時代の流れにあった生き方を

f:id:kiitos-moi:20161207212449j:image

私は自分のやり方を後世代に押し付けるつもりはありません。

 

仕事に関しては新人の分際なので、自分のやり方なんてものはまだ確立していないのですが、学生生活について考えると、ここ数年で学生の取り巻く環境は変化しているな、と思います。

 

特に私は6年制の大学に通っていたので、かなりジェネレーションギャップを感じながら学生生活を過ごしていました。最近は皆スマホで黒板の写真を撮りますが、私が1年次の頃は誰もスマホを持っていなかったので、考えられなかった話です。

 

ここ数年でスマホやタブレットが急速に普及し、タブレットを使った学習も一般的になりつつあります。 私は黒板をノートに写し、紙の教科書に書き込んで勉強してきましたが、そのやり方を後輩に進めるつもりはありません。

 

私個人としてはタブレット学習の方が楽しんで勉強できるので、むしろタブレット学習をお薦めしたいと思います。

 

仕事でも勉強でも、自分のやり方に固執して時代の流れに逆らうのではなく、自らの経験も取り入れながら、時代の流れにあったやり方を選択していくことが大切ではないでしょうか。

 

f:id:kiitos-moi:20171125195402p:image