mokaの1分間ゆる絵日記

英語学習、フルート、旅行についてのんびり描いたゆる絵日記です。

有給をとったら謝るべき?




f:id:kiitos-moi:20180428221101j:plain

皆さんは、有給休暇を取るときに、周囲に謝りますか?
中にはそんな職場もあると聞いて、違和感を覚えてしまいました。

有給は必須

日本は有給消化率が低いという話は周知の事実ですが、私は有給の消化って必須だと思っています。週末の休みだけでは、しっかり休みきれないことも多々あるので。

 

ちょっと休みの日に遠出したら、次の日はぐったり。

そんなときに、有給をプラスしたり、あるいは忙しい日が続いた後に休んだりするのは、とても大切なことなんです。

有給取ったら謝るべき?

ですが、中には、「休んでご迷惑おかけしました」なんて、周囲の人に気を使わなければならない職場もあるとか・・・。

 

有給申請するときや、休み後の出勤で、謝らなければいけないというのは、どうしても違和感をぬぐえません。
残業はしれっと当たり前のようにあるのに。

 

有給をとるのに謝らなければいけない環境って、人が抜けたときに周りに迷惑がかかるってことですよね。
その人がやっている仕事を他の人がどう回すべきか、という情報共有の方法が、しっかり定まっていないんだと思います。それか、人手不足。

それって100%自分の責任ではないですよね。

謝罪ではなく感謝で

仕事のスタイルにも色々とあると思いますが、有給をとって、もし周りが自分の代わりに仕事をしてくれたのであれば、「ありがとう」でいいんじゃないかな。

ずる休みでもないのに謝らなければいけないなんて、余計休みにくくなるじゃないですか。

人に迷惑をかけたらいけない、なんて潜在意識が日本人にはしみついている気がします。
こういう思考だと、自分は周囲に迷惑をかけないよう気を張らなければならないし、反対に相手に迷惑をかけられると、イライラしてしまいます。

お互いに迷惑をかけてしまうのは避けられないから、そうなったときにいかに支えあうかが大切だと思うのですが。

有給をとる=周りの人に迷惑をかける、謝らなければいけない、なんて潜在意識がなくなればいいのに、と思います。

 

カナダに留学していた時、語学学校の先生は、「明日からホリデーなの!夫と旅行に行くのよ」って嬉しそうにしゃべっていました。

 

日本だったら、生徒に、「明日から休んで旅行に行くの!とても楽しみ!だから明日は代わりの先生になるからよろしくね。」なんて、気軽に言えませんよね。何のうしろめたさもなく休めるのは魅力的に感じました。

f:id:kiitos-moi:20171125195402p:image