Mokapple Blog

英語学習、フルート、旅行についてのんびり描いたゆる絵日記です。

【薬剤師国家試験】乗り越えるためにやったこと、やらなかったこと




f:id:kiitos-moi:20171106210132p:image

6年制薬剤師のmokaです。

 

薬剤師国家試験まであと4か月を切りましたね。
私も受験生の時は、この時期は周りも自分もピリピリしていたのを覚えています。

これから勉強は厳しくなってくるし、精神的にも体力的にも辛い毎日が続くと思います。そんな薬学生の皆さんに少しでもアドバイスできたらと思い、この記事を書いてみました。

やってはいけないこと

人と比べない

模試の結果とかをつい人と比べちゃうんですよね。
全国の中での自分の順位とかでちゃいますし。

人と比べるの、やめましょう。

結局は合格点がとれたら合格できるじゃないですか。近い将来どうなるかはわかりませんが・・・。

人と比べたくなる気持ちはわかります。それでおしりに火がついて勉強に集中できる人ならいいですが、落ち込む人は人と比べてもいいことなんて一つもないのでやめましょう。

国試は自分との戦いです。

病まない

薬剤師国家試験の一番の天敵は、病むことといっても過言ではありません。
私の場合、常にネガティブ思考になってました・・。

f:id:kiitos-moi:20171031124903p:plain

しかも11月のこの時期、あまり勉強しなかった春の模試より、必死で勉強した秋の模試のほうが点数が下がって、すっごく落ち込んだ記憶があります。

 

しかも、周りの他学部の友達は、就活も終わり、のびのびと遊んでいるのに、なんで私だけ・・・と何度思った事か。

同士であるはずの薬学部の友達も、どんどん暗くなってくるし。

そんなネガティブな気持ちを振り払って、とにかく勉強しましょう!!

やってみたらいいこと

体を動かす

ずっと部屋にこもって勉強していても、しんどいですよね。
私は良く、気分転換に散歩してました。

近くの川沿いを歩いたり、簡単なハイキングをしてみたり。おすすめです!

家の外で勉強する

私はとにかく、家に一日中こもっているのが嫌だったので、外に出まくっていました。

図書館だったり、カフェだったり。いくつか拠点を持って、ぐるぐる移動してました。
甘い飲み物を自分へのご褒美に頼んだり♪


そして、出がけ先に結構同士がいるんですよ。青本持って勉強している子、たくさん見かけました。

見知らぬおじちゃんに、「よく勉強してるねー」なんて声をかけられたりもしましたね。

野菜ジュースを飲む

この時期は、大事な対策講義もつまってくるし、体調は絶対崩せません。

私は自作の野菜ジュースで乗り切りました。

ちなみにですが、国家試験直前は、生もの、揚げ物も一切食べませんでした。
当日おなか壊したらジ・エンドですので。

友達と愚痴る

友達の点数を気にするのはよくないですが、どんどん話して辛さをわかちあいましょう。

この時一緒に頑張った友達は、卒業後も仲良くしている子が多いです。

勉強のコツ

私が使っていた教材は主に、

  • 青本
  • 薬ゼミの要点集
  • 講義の資料

です。領域別問題集は図書館で借りて一周したくらい。
青本の問題と、過去問、模試を重点的にやればよいと思います。

勉強のポイントは、まとめノートを作らないこと。

もう青本とか要点集にまとまってます!!
まとめる暇があったら、今、何回もその問題を解いて覚えてください!!

ゴロも役に立つので、できるだけたくさん覚えてくださいね!

まとめ

というわけで、101回国家試験を受けた経験からのアドバイスでした。結果でいえば、点数は8割とれたので、勉強方法は間違っていなかったと思います。

正直、薬剤師国家試験受験時代は、大学受験よりも、何よりも一番つらかったです。
しかも私の場合、なぜか一般企業に勤めてしまったので、薬剤師の資格も要らなかったし、モチベーションを保つのが本当に大変でした。

それでも、とってて損にはならない資格ですし、嫌になったら1年で転職することもできます。

卒試と国試のプレッシャーはすさまじいものだと思いますが、私でよかったらいつでも悩みや相談は聞きますし、ぜひ乗り越えてくださいね。

f:id:kiitos-moi:20171104221507p:plain