Mokapple Blog

英語学習、フルート、旅行についてのんびり描いたゆる絵日記です。

鹿児島で女一人旅エンジョイ日記!!




 f:id:kiitos-moi:20171001214707p:image

1人できままに旅行するのが好きで、国内をよくフラフラしています、mokaです。 
今回は初めて鹿児島へ一人旅行へ行ってきたお話です。

 

九州で、南国っぽい、人の暖かさに触れてきました。

食べ物がおいしい

f:id:kiitos-moi:20171001214933j:image

九州って美味しい食べものが多いイメージ。
鹿児島といえば、さつま揚げ、白熊、鶏飯丼、黒豚とかかな。

ジョイフルというファミレスが、どうやら九州発ということを聞いて、行ってみることに!!

 

メニューを開くと、九州•沖縄フェアという文字が目に飛び込んで来ました。

長崎のトルコライス、鹿児島の鶏飯丼、沖縄の沖縄風そば(沖縄風て•••)という様に、郷土料理フェアみたいなのが開催されていたんですよね。

 

鹿児島に来た以上、鶏飯丼を食べて帰らねばなりません。

 

 店員さんを呼ぶためにボタンを押します。

ピヨピヨピヨ...

 

ん??店内のどこかで何故か鳥が鳴いてる・・・。

 

店員さんがなかなか来ないのでもう一度。

ピヨピヨピヨ...

 

呼び出し音が鳥の鳴き声でした(しかも鳴き声が何種類かある)。
何度も押してすみませんでした。

 

さて、気を取り直して、鶏飯丼を食べます。

f:id:kiitos-moi:20170426153820j:image

どうやって食べるかよくわからなかったのでググりました。

(参考:15秒でわかる!鶏飯のおいしい食べ方 | 奄美のお店グルメサイト みしょらんガイド

 お茶漬けのような食感で、薄めの味付け。おいしかったです。

交通の便が良い

鹿児島市内を散策するには、いろいろな交通手段があります。
市電・市バス乗り放題で600円というお得さ!

(参考:一日乗車券|鹿児島市交通局|人に環境にやさしい市電・市バス 観光電車「かごでん」 シティビュー サクラジマアイランドビュー

 

天気が良ければ、自転車も1日200円~から借りれます。

この自転車にはカラクリがありまして、爆走すればするほど安く仕上がる仕組みです(くれぐれもスピードは出しすぎず、安全運転を心掛けて下さい)。

 

まず、登録料金が200円/日。

市内にいくつかの無人自転車スポットがあり、そこで機械を操作して自転車を借ります。返却も、市内のどこかの自転車スポットに置けばおっけー。

自転車を借りてから、30分間はお金がかからす、その後は30分を超える毎に100円ずつ払っていくことになります。

つまり、次の返却スポットまで30分以内にたどり着くと、追加料金が取られないので、登録料金の200円だけで自転車を借りれてしまう、という訳です!!

 

30分以内に移動すると追加料金がかからないのでゲーム感覚で、効率よくスポットを回る方法をあみ出し、1人で鹿児島の街を走っておりました。

鹿児島中央駅から鹿児島駅までは自転車で20分くらいで行けます。

歴史が面白い

あと、鹿児島は、個人的に好きな幕末の時代に活躍した歴史上の人物が多いですね。

西郷隆盛、大久保利通といった、歴史おんちの私でも知っている有名な偉人のゆかりの場所が街中にもいくつかあったりします。

私は西郷隆盛が最期の晩を過ごしたといわれている、洞窟にいってきましたが、なんだか感慨深かったですね。。。

 f:id:kiitos-moi:20171001214950j:image

鹿児島中央駅から徒歩圏内に、維新ふるさと記念館があり、そこでわかりやすく歴史を学べるので、ぜひおすすめです!

 

上映会や人形劇があったりと、楽しんで歴史を学べるよう工夫されていたので、子供さんでも飽きないんじゃないかなーと思います。

私はそこで君が代の元となった歌を聞いて、1人で感動していました。。

人が優しい

鹿児島の人って、とにかく優しいんです!

 

道にまよったら、その辺に歩いている人が丁寧に教えてくれます。
むしろ道に迷っていなくても、電車の乗り方を教えてくれた方がいました。

あんまりこういうの、地元関西では経験したことがないので感動しました。。。
(自分が観光客ではないからかもしれませんが)

 

他にも、温泉に入ろうと思って、日帰り入浴可のホテルへ行ったのですが、フロントの方もすごく優しかったです。
頼んでもいないのに、受付の気さくなおばちゃんが、浴場までわかりづらい作りになってるからと、フロントを空けてまで、案内してくれました。

しかも、風呂場の奥のほうに露天風呂があるらしく、「気づかない方もいるので露天風呂ぜひはいってくださいね~」と言っていただき、無事露天風呂も堪能することができるというおまけつき。

 

なんだか観光客を町全体で歓迎してくれているような、そんな感覚でした。

 

そして、地方へ旅行した時の特権、「方言」にも感動!!
鹿児島空港について、方言を聞いた時、「あ~鹿児島についたなぁ」という感じがしました。

話している言葉は同じだけど、イントネーションがかなり関西とは違う。なんだろう、語尾を上げるのかな?

【まとめ】 

というわけで、初鹿児島でしたが、すっっごく楽しかったです!

 

街全体がなんか前向きですよね。
桜島という火山の噴火で被害も多いだろうに、観光業にちからを入れようとしている姿勢や、火山灰アイスを売っちゃう前向きさ。

今年は〇回噴火しました★

みたいなユニークなポスターもあって、クスッとさせられました。

 

九州ちほーは大好きなので、これからも何回か足を運んでみたいと思います♪

f:id:kiitos-moi:20171125195402p:image