Mokapple Blog

英語学習、フルート、旅行についてのんびり描いたゆる絵日記です。

「君が話しているのはゴミ英語だ!」語学学校を卒業しても英語が話せないわけ




f:id:kiitos-moi:20171016141606p:image

カナダに短期留学していた際に、先生から「ゴミ英語をしゃべってる」と言われました。
mokaです。

教室から飛び出そう!

カナダに留学していた際に、語学学校の無料イベントみたいなのがあったので、参加してみました。

 

通常、語学学校といえば、教室で先生の話を聞いて、周りの生徒と会話しながら英語を学んでいくスタイルなのですが、私が話を聞きに行った語学学校では、ちょっと変わった形式の様で・・・。

 

せっかく英語圏、カナダにいるのだから、教室を飛び出して街に出て、そこらへんを歩いている人とコミュニケーションをとってしまおう!!というスタイルらしいです。

 

私は、「○○を背景に、写真を撮ってください」という言い方を教えてもらいました。
(Could you take a picture?ではないんです)

f:id:kiitos-moi:20171016141626p:image

「君が話しているのはゴミ英語だ」

f:id:kiitos-moi:20171016173154p:image

語学学校では、IT社会の危険性だったり、宇宙人はいるかどうかについてディスカッションしたりしていたので(笑)、一般的な会話フレーズは学んでいませんでした。

確かに一番よく使うのって、そういう何気ない日常英会話ですよね。

こちらの学校の先生からは、さんざん「君たちは語学学校に行っているのに、写真を撮ってくださいの一言も言えない!ゴミ英語を話している!」とけなされまくりました。

 

正直、他の語学学校のやり方を否定したり、英語を勉強しに来ている日本人留学生の英語力を根本から否定して自信を失わせる宣伝の仕方は全く好きに離れないのですが・・・。


でも、英語の勉強の仕方としては、街中に出て、周りの人ととにかくしゃべってみる!という方法はとても理にかなっていると思います。

 

語学学校で学べる内容って、日本に居ても、大抵勉強できます。 


中、高と6年も教室で英語を勉強してきてもほとんど英語を話せないのに、留学にいったらそれが変わるなんて、そんなわけない。本当に英語を話したいんだったら、教室から飛び出す勇気が必要だと思わされた出来事でした。

f:id:kiitos-moi:20171104221507p:plain