Mokapple Blog

英語学習、フルート、旅行についてのんびり描いたゆる絵日記です。

フルート初心者の私が100万円のフルートを試奏してみたら




f:id:kiitos-moi:20170924131443j:image

フルートを本格的に始めて1年目、フルート初心者のmokaです。
最近楽器屋さん巡りが楽しくなり、いろいろめぐっては、試奏をさせてもらっています。

 

そんな中、100万円のフルートを吹いて感動してしましました・・・!!

フルートの値段はピンキリ

私のフルートは、頭部管が銀で、管体が洋銀製。20万円くらいで、まぁフルートを本格的に練習している人は、このくらいのお値段のフルートは持っているだろう、という感覚です。

 

ですが、やっぱり、楽器って上を見れば30万、40万、1000万円以上するものもあるわけで。

 

ギリギリ手が出そうな100万円くらいのフルートってどうしても憧れてしまうんですよね。

というわけで、先日、フルートの試奏に行ってきました!


そちらでの体験や、店員さん、フルートの先生からのリサーチの結果、フルートを新しく買い替えるときの選び方等についても書いていきますね。

試奏に行ってきたよ!

訪れたのは、銀座の山野楽器さん。

 

f:id:kiitos-moi:20170924135113j:plain

と思っていたのですが、総銀製レベルのフルートを選ぶのであれば、ある程度品ぞろえがしっかりしたところを選ぶのが良いと思います。

 

100万円のフルートを吹かせてもらったのには、高いフルートを吹いてみたかったというミーハー心もありますが、きちんと理由がありまして・・・。

 

実は今回フルート試奏に来る前に、先生にフルート選びについて相談していたんです。

 

先生、私フルートを今後買い替えたいと思っているんですが、おすすめってありますか?

 

ソルダード・トーンホールかな~100万円くらいするよ~

 

つまり、フルートの作り方にも色々と違いがあるらしいんです。

  1. ソルダードトーンホール
  2. 引き上げトーンホール

私の現在使っているフルートは、2番の引き上げトーンホール。
ですが、ソルダードトーンという作り方のフルートだと、吹き心地がかなり変わるのだとか。まぁ金額もそれなりにするようですが。

 

それでももし買うとすれば、一生使えるフルートを選びたかったので、思い切って100万円のフルートを試奏させてもらうことにしました。

100万円のフルートを吹いてみた

吹かせてもらったのは、

楽器でYAMAHAだけじゃなくて、いろいろなメーカーがあるんですね~

 

ではでは初の、憧れの総銀製です!!

 

初めてソルダード・トーンホールモデルのフルートを吹いてみたのですが、

 

お・・・・重い!!

 

作りが違うからか、持ったときに重厚感がありました。

吹いてみると・・・・

 

音が全然違う!!響きが違うし、吹き心地もすごくいい!

 

他にも60万円ほどのフルート(引き上げトーンホール)も吹かせてもらったのですがアマチュアフルート吹きの私には、自分の20万円のフルートとの違いが、正直よくわかりませんでした。

 

ですが、100万円のフルートを吹いた途端、素人耳の私にも、音も吹き心地もガラっと変わったのがすぐにわかりました。

吹奏楽とは縁のない友人も一緒についてきてくれていたのですが、「100万円のフルートだけは音が違うのがわかった」と言っていました。

フルートの違いについて

フルートのメーカーの違い

ピアノといえばYAMAHAというイメージがありますが、フルートを作っているメーカーにもいろいろあります。

国産メーカーでいえば、YAMAHAはもちろん、ムラマツ、サンキョウ、ミヤザワ、パールなどなど・・・。

 

今回はムラマツとサンキョウを吹かせていただきましたが、メーカーによって全然吹き心地や吹いたときの音が違いました。
同じように見えても、全然違う楽器なんですね。

 

ムラマツは落ち着いた、重厚な音色。
サンキョウは、明るくて、太陽サンサン!みたいな音色でした。(語彙力・・・)ピッコロに近いイメージかな。

 

万人受けするのはムラマツで、サンキョウは人を選ぶようなイメージでした。私にとっては、サンキョウフルートの明るい音色は、吹いてて気持ちが良かったです。

 

ムラマツフルートの方は、かなり人気があって品薄らしく、注文してから作りは始めるとのことで、1年以上は待たなければいけないのだとか。

 

【おすすめ動画】

こちらの動画も、とても為になるので、気になる方はぜひチェックしてみてください。


【イヤフォン推奨】サンキョウフルート吹き比べ!

カバードキーかリングキーか

フルートには、指を抑えるキーの部分が、ふさがっているものと、穴が開いているタイプのものがあります。

 f:id:kiitos-moi:20170924131833j:image

リングキーは穴が開いているので、ここを指でふさがないといけません。
もちろん音が出しやすいのはカバードタイプのもので、私もそちらを使っています。

 

リングタイプでなければ吹けない演奏方法もあるようですが、先生や、フルート仲間に話を聞いたところ、アマチュアが趣味で吹く程度であれば、カバードでもリングでも特に違いはなく、音や吹き心地の好みで選べばいいとのことでした。

 

リングキーはやはり音を鳴らすのが難しく、カバードしか吹いたことのない私は、試奏の段階で違いが分かるほどの音がなかなか出せず・・・。

 

店員さんに聞いたところ、カバードの人がリングキーで満足に吹けるようになるには、毎日練習しても、2週間くらいかかるようです。

 

個人的には、カバードよりリングキーの方が、吹いたときの振動がダイレクトに指に伝わってくることと、音が明るく聞こえる、ということから、リングキーのほうが好きでした

カバードでもすごく綺麗な音を出す人もいますし、ここは完全に好みで選べばいいと思います。

H管かC管か

フルートには、他にもH管、C管の違いがあります。
(詳しくはこちらのサイトに書いています→フルートのC管とH管

f:id:kiitos-moi:20170924131839j:image
ざっくりいうと、長さが多少ちがって、キーの数もH管のほうが一つ多くなります。

 

楽器って、大きいほど低い音がでますよね?

フルートも、長いH管のほうが低い音がでますし、店員さんいわく、全体的な音も落ち着いた音色になるようです。

 

が、長くなればなるほど、音を出すための息の量も必要に・・。
なかなかハードな楽器です。

 

こちらも、アマチュア吹きには音色の好みで決めればいいと思います。
私はC管(一般的なもの)のほうが軽くて音も出しやすいので、C管のほうがしっくりきました。

お値段もH管より手頃です。(ここ重要)

【まとめ】100万円のフルートはやっぱり良かった

まとめると、私が総銀製のフルートを買うとすれば、迷うのはこんな感じ。

  1. 引き上げか、ソルダードか
  2. リングキーか、カバードキーか
  3. H管か、C菅か

高ければ良いってことも一概に言えるわけではなく、あくまで自分の好きな音色、吹きやすい楽器を選べばいいと思います。

 

大金なのでかなり迷っていましたが、今回試奏させてもらったことで、決心しました。
100万円、貯めよう・・・・!

 

100万円のフルートはやっぱり20万円とは違いました。 

これから趣味としてずっと吹き続けていくのであれば、一生のお付き合いになるフルートとして、1本良いものを買ってもいいな~と思いましたね。。

 

もちろん今のフルートもとっても愛着がありますし、自分の技術を磨きながら、ゆっくりフルート選びをしていきたいと思っています。

【おすすめ記事】

www.mokapple.com