Mokapple Blog

英語学習中。フルートを吹いたり絵を描いたり。

【カナダ留学編】1対1で英語を学ぼう!個人チューターの探し方




f:id:kiitos-moi:20170905161418j:image

カナダに3ヶ月留学してました、mokaです。

 

英語を勉強するために留学したものの、英語が伸びている気が全くせず、ホストマザーにも、

「語学学校だけでは英語は伸びないよ」

とピシャリと言われてしまいました。

語学学校のメリット・デメリット

というわけで、私が3ヶ月通って感じた語学学校のメリット・デメリットについてご紹介します。

メリット

  • 友達ができやすい
  • 留学の雰囲気を味わえる
  • 大勢の前で英語で発言する度胸がつく
  • 生活リズムが整う
  • 周りに刺激される

デメリット

  • 会話は基本的に留学生同士になる
  • 発言の機会が少ない
  • 発音を学びにくい
  • 実践的な英語を学べない

 

 語学学校では、日常の中で感じた、「あ、こいうとき、英語ではどうやって表現するんだろう?」とか、「Waterってどう発音するんだろう?」っていう疑問はなかなか解決できないんですよね。

 

ですが、個人チューターがいれば、One on Oneで直接聞けてしまうので、留学生活の心強い味方になってくれるんです♪

 

1対1のレッスンに向いているのはこんな人

  •  積極的に英語を学ぶ姿勢がある人
  • 質問がたくさんある人
  • 発音をじっくり教えてもらいたい人
  • フレーズを練習したい人

 語学学校では、学校へ行けば、先生がいて、その日の課題を出してくれるので、受け身の姿勢でもある程度は問題ないでしょうが、個人チューターは違います。

 

相手に、自分が学びたい内容をしっかり伝え、積極的に質問できる人のほうが英語力は確実に伸びます。

1対1で、生徒が自分しかいないわけですから、100%自分に合ったレッスンを提供してもらえるわけなんですよ。この機会を逃すなんてもったいないです。

チューターの探し方

私はカナダのトロントに留学していたのですが、こんな感じでチューターを見つけました。

emapleを使う

カナダにいる日本人留学生ならほぼ誰もが知っているであろう、留学生向けの掲示板です。
基本的に日本語で書かれています。

 

口コミで知る

日本人留学生で、個人チューターを雇っている人は、実は結構います。
私の友人にも何人かいました。


なんだか英語が上手そうな人を捕まえてみて、相談してみるのもありです。

チューターを探すときに気を付けること

英語教師としての経験があるか

英語を話せるのと、教えれるのとは全く違います。

私は、もちろん日本語は話せますが、日本語学習者相手に「て・に・は・を」の使い方だったり、文法について説明することはできません。

 

契約しようとしているチューターが、過去に英語教師としての経験があるか、特に日本人相手に英語を教えたことがあるかは、確認しておいた方が良いと思います。

レッスン先は通いやすい場所か

これは、私の滞在していたトロントに限った話にはなりますが、TTC(トロントの交通機関)は、必ずと言っていいほど遅れます。

 

交通の便の良い語学学校とは違って、個人チューターのレッスンを受けるのは、相手の自宅か、付近のカフェになることが多いと思います。

 

20-30$/Hrと、決して安くはないチューター料。
バスがこない、ストリートカーが来ない・・・などで、時間をロスするのは嫌ですよね。

レッスン先が、自分の通える範囲なのかは確認しておきましょう。

私が先生と契約した時の記事もあるので、よかったら読んでみてください♪

 

www.mokapple.com