Mokapple Blog

英語学習、フルート、旅行についてのんびり描いたゆる絵日記です。

【カナダ留学編】トロントで習い事をしてみました!




f:id:kiitos-moi:20170922114130j:image

カナダに留学していました、mokaです。

突然ですが、私の趣味は フルートを吹くこと。
たとえ日本を離れたとしても、フルートを練習したいのです。

 

ということで、はるばるトロントまでフルートをかかえてやってきました!

練習場所がない

来たらどうにかなるだろうと思っていたのですが、トロントには楽器練習ができそうなところが皆無。

 

カラオケだって料金は高いし、音楽スタジオもバンド向けのものばかり。
楽器屋さんで仲良くなった店員さんに聞いてみると、「トロントには管楽器を練習できるスタジオは無い」との事。

 

詰 ん だ。

 

とりあえず公園で吹いていたら、暇そうな(失礼)おっちゃんカナディアンが数人寄ってきて、見物を始めたのでそそくさと逃げました。

楽器を習いに行こう

困った私は、フルートを習いに行くことに。
先生に従事さえすれば、少なくともレッスン時間中はフルートが吹ける!

 

何か所がレッスンを提供しているミュージックスタジオを見つけたので、メールでコンタクトを取り、なんとか先生を見つけることができました。

相場は$60-70/hr くらいかな。日本と比べてもまぁ個人レッスンだとこんなもんだろう、という感じです。

 

フルートの先生は、おそらく50代くらいの女の先生で、日本とも縁がある様でした。

f:id:kiitos-moi:20170920190709j:plain

練習場所がないことを相談すると、なんとか先生のコネを使って、フルートの練習場所を確保してもらうことができました!
優しすぎて涙が出るかと思った・・・・。

 

詳細な場所は伏せますが、私もその施設は目星をつけていて、電話してフルートも吹いてもいいか相談してみたのですが、断られてしまったんですよね。。。

英語で交渉できるほどのレベルには至ってないので、フルートの先生には本当に感謝です。

フルートが上達した! 

私は、日本でも個人で先生に習っているのですが、比較してみて、教え方や吹き方がやっぱり違うな~と感じました。

一番違いを感じたのはタンギングの仕方。
カナダの先生の方が、はっきりとタンギングをするイメージですし、吹き方もかなりの内向き。

 

これが個性なのか、日本とカナダの違いなのか、素人の私にはわかりませんが、いろいろな吹き方を学べたのも面白かったです!