Mokapple Blog

トロント留学中!英会話好きな薬剤師によるイラストブログ。

店員の前では偉そうな態度になる客が理解出来ない




f:id:kiitos-moi:20170423103031j:image

mokaです。

 

社会人になって、色々な人と関わる様にになりましたが、昔も今も、どうしても受け入れられない人がいます。

 

人に対して偉そうな態度をとる人。

たとえば自分のことを神様だと信じ込んでいる"お客様"とかです。 

何様だと思っているんですか?

人に対して偉そうな人って理解できないんですよね。いったい何様のつもりなんだろうって思います。

私の経験上、特にこういう人は、お客様、もしくは、何かしらの知識をたくさん蓄えているタイプの人に見られる傾向があります。

 

相手より上の立場に立ってるつもりになって、優越感が生まれてスカッとするんだろうな、っていうのはなんとなくわかるのですが、だからといって偉そうな態度を実際に取る人はかなり大人げないと思います。

 

立場を利用して、相手に偉そうな態度をとっている人、いませんか?

 

 

例えば、自分が客で、相手が店員さんだったりすると、どうしても"お客様"の自分の方が意見を言いやすい立場になりますよね。

 

それで、「私がお金を払っている側だから、あなたより偉いんです」っていう謎の上下関係を作って、何様なんだ、というような態度をとる人があらわれてきたりもします。

 

つじつまの合わないクレーム入れてきたりとかね。

お客さんって"偉い"の?

私は客の方が店員より偉いとは思いません。

 

客がいなければ、お店が成り立たないのも事実ですが、お店がなければこちらの生活が成り立たないのも事実ですし・・・。

 

もちろん払った分の対価はもらってしかるべきだと思うので、不良品だったり、サービスが悪かったりしたら、しっかり意見を言うべきでしょうが、それ以上のものを求めたらただのクレーマーです。

 

「私(=客)がいないとお店がなりたたないから」といって、相手の弱みにつけこんで無茶を言うのは卑怯ですし、金額以上のものを求めていちゃもんをつけるような人はもはやお客さんですらないですよ。

 

むしろ、コンビニで100円のドーナツしか買ってないのに丁寧に袋に入れて、お手拭きまでつけてくれたりするときは「かたじけない・・・」っていう気持ちになります。

店員である前に一人の人間です

店員さんも、店員である前に一人の人間ですよ。あなたの鬱憤を晴らす対象ではありません。

 

度が過ぎるクレームをつける人は、相手をもはや人間だとは思わず、店員をなんでもいいなりになってくれる存在としか見ていないのではないでしょうか。

 

いったいその人たちは、何様のつもりなんでしょう。 

 

クレーマーの"お客様"は、一度立ち止まって考えて見てください。
お友達にも同じ様な態度を取れますか?

 

無茶なクレームをつけてくる、神様気取りのお客様は、相手も自分と同じ人間であるということを忘れ、店員だから、自分より下の立場だからという勝手な思い込みで自分の鬱憤をぶつけているだけに過ぎません。

 

店側もそんな面倒な客のために人件費をかけてやることもないと思います。


商品を家まで持ってきて謝罪しに来い、なんていうモンスター客もいる、なんて話を聞いたことがありますが、クレームには無駄な時間を割かず、他のお客様をさばいた方がよっぽどお店に還元できるでしょう。

上下関係を作らなければ気が済まない日本人

海外のビジネス関連の事はあまり知らないので、 はっきりと比較はできませんが、日本人は自らを下の立場に、相手を上に上に持ち上げて、上下関係をつけたがる傾向にあると思います。

 

実際私もそのような傾向のある仕事についていました。

 

持ち上げられた方は天狗になってしまうし、下げる方も自らを卑下して何かプラス要素が生まれるとは思えないです。

 

いったい何が楽しくて過度に上下関係を作っているのでしょう•••••。

 

私の場合は、下側でしたので、かなり上から目線の態度をとられて、正直げんなりした記憶があります。

 

いくら仕事といっても、やはりあまりにも偉そうな態度で向かってこられると、こちらもやりづらさを感じてしまいます。

お互いにとってプラスになる関係を作ろう

言いたいのはこれです、これ!

 

どっちが偉いとかじゃなくて、スムーズにコミュニケーションがとれたらいいんですよね!!!

 

無駄に相手をあげたり自らを下に置いて謙遜したりしなくていいんです。
多少は必要でしょうが、日本はやりすぎです。

 

その過剰な上下関係で、私の会社では無駄な業務もたくさん発生しているように感じました。

日本人とのビジネスメールは謙譲語、尊敬語やらなんやらで非常に億劫ですが、英語でメールは要件だけ伝わればOKだったので、すごく気が楽でした。

初めてメールする相手でも、冒頭が"Hello, Good day."でオッケーでしたからね。
度肝を抜いたものです。

 

まぁ、海外の文化を見習え、というわけではありませんが、過度に上下関係を作りすぎず、 結果として、お互いにとってプラスになれる関係を築き上げていくことが1番なのではないでしょうか。