Mokapple Blog

英語学習、フルート、旅行についてのんびり描いたゆる絵日記です。

京都の大原三千院で自分を見直してきました




f:id:kiitos-moi:20170920125101j:image

2016年も残すところあと1週間弱。私はあえて年始ではなく、年末の12月に京都でお寺参りをしてきました。

京都の大原三千院に行ってきたよ!

大原三千院は京都にある天台宗のお寺です。

私は2016年の2月に薬剤師国家試験を控えていた為、薬師如来が祀られているということで、2015年12月に三千院へ行って合格祈願をしていました。 

12月にした理由は、1月以降は卒試、模試、直前講義等素敵な行事が盛りだくさんだった為です。

 

それからちょうど1年経った2016年末の12月に再度お参りしに来たのですが、学生から社会人になって、1年前とは全く異なる立場になった今、お祈りする事も変わって来たなぁ、と思いました。

寺院巡りは自分を見つめ直す良い機会だ

f:id:kiitos-moi:20170920125114j:image

目標のあった国家試験受験時代

2月末の薬剤師国家試験までの日々と言えば、試験合格のためにすべてを捧げていました。とにかく風邪ひかないように気をつけて、そして毎日毎日勉強してました。

大原三千院に来て祈る事も、薬剤師国家試験合格ただ一択だし、御守りも合格祈願ばかりに目がいっていました。

社会人になってから

ですが、社会人となった今、学生時代みたいに明確な目標が無くなったんです。

昇進?給料アップ?

 

うーん、何か違うな、と。

 

今後どうすればいいのか、何を願えばいいのか自分がわかっていない状況でした。

 

お参りする時は、〜出来ますように、とお祈りするのではなく、私は今後〜します、と自分が今後目標にしていることへの決意を表すものだと聞いたことがあります。

そんな時、今の私みたいに、何したらいいか、わからん!みたいな状態では、せっかくお寺に行っても何も出来ませんよね。

 

こんな風に、お参りに行って、今後やりたいことを考える機会をもらえるのって、思っていたより重要なことかもしれません。

おみくじを引いたら、凶だった!

こちらの記事でも書いたように、今仕事に追われて死にそうになっている状態なのですが、

www.mokapple.com

おみくじで凶を引いてしまいました☆
今まであまり凶って引いた事なかったんだけどなぁ。。

 

内容を読んでみても、仕事はころころ変えちゃダメ、とか、今は大変だけどがんばんなさい、なんてお言葉がいっぱい並んでいました・・・。

 

しかし、おみくじに、仕事は変えない方がいいって書かれていたとしても、それでも転職したい気持ちが変わらなのであれば、それだけ自分自身が別にやりたい事がある証です。

 

おみくじの結果や内容って、凶って言われたからついてないとか、旅行は良く無いって言われたから旅行やめるとか、文面通りに受け取るのではなくて、結果を読んで、どう考え、行動するかが大切なんですよね。

 

反対されても行きたい旅行だったら、それだけの熱意があるからいいと思います。逆にあーじゃあやめるかぁ、程度の旅行だったのならお金と時間を節約できてよかったね、と。

 

凶は今より状況が悪くならないって事だということを考えれば、何でも思い切って出来ちゃいそうな気がします。 

今回は御守りは見送りました 

今回は、何を祈ったら良いかも分からないくらい呆けていたので、御守りの購入は見送りました。
次来るときは目標か何かができて、仕事運のお守りだとか、何か欲しいお守りができるといいなぁ。 

 

今回訪れた大原三千院、現状と今後を考える良いきっかけをくれました。

今目標がなくて、何をしたらいいかわからない状態だったら、一度お寺参りをして、自分を見直してみるのもありかもしれません。