Mokapple Blog

英語学習、フルート、旅行についてのんびり描いたゆる絵日記です。

【おすすめ】Apple Pencil(アップルペンシル)カバーを使ってみた感想!




f:id:kiitos-moi:20170918230242j:image

 

私がApple製品の中でもかなり愛用しているのが、アップルペンシルという、いわゆるiPad Proに文字を書き込んだり、絵を描いたりできるペンです。

www.apple.com

 

お値段一万円と、決して安くないアップルペンシル。
ですが、これの取り扱い方が結構難しいんです。

iPadと一緒に持ち運んだりしまったりしたいのに、収納する場所がないんですよね。

 

そこで、先日、ペンシルカバーというものを買ってみたので、使ってみた感想を書いてみます!

Apple Pencilカバーとは

今回買ったのはこちら!

 

アップルペンシルに直接取り付ける、シリコンカバーです。


色のバラエティがかなりあり、レッド、ブルー、イエロー、グリーン、ホワイト、ブラックなどがあります。

私はピンクを買ってみました~♪

実際に使ってみた感想

 f:id:kiitos-moi:20170918230254j:image

届いたのがこちらです。

 

f:id:kiitos-moi:20170918230305j:image 

袋から出して撮影しました。
持ちやすいように滑り止めがついていますね!!

 

 f:id:kiitos-moi:20170918230327j:image

自分のアップルペンシルを差し込んでみました。
ぴったりフィットします。

カバーをつけるときに固いという口コミがあって不安だったのですが、特に苦労せず、スムーズにいきました。

 

先端のほうにはチェーンなどをとおせるような穴が開いており、ここにキーホルダーをつけたりすることができます。

 

私はイヤホンジャックにペンをくっつけられるよう、イヤホンジャックアクセサリーのキーホルダーをつけて、アップルペンシルとiPad Proをくっつけました。


こうすると、iPad本体とPencilが離れないので、持ち歩くときに便利ですし、ペンがどこかに転がってなくなっちゃった!なんてこともなくなります。

 

 f:id:kiitos-moi:20170425232015j:image

個人的にイイ!!!と思ったのが、充電するときにキャップをはずしても無くしにくい構造になっていること。

 

アップルペンシルを充電するときは、上記のような感じで、さきっぽのキャップを外す必要があります。

 

しかし、カバーなしの状態だと、これを収納する場所がなく、机の上等に置いておくしかないので、転がってなくしてしまう恐れがあったんですよね。

 

ですがカバー付きだと、写真の様に、カバー内にキャップを収納できるので、充電の時も無くす心配がないんです。

【まとめ】3つのおすすめポイント 

というわけで、おすすめポイントは以下3点!

  1. イヤホンジャックに差し込めるようになる
  2. 充電時にキャップを収納できる
  3. 滑り止めがついており、持ちやすくなる

書き心地も良く、アップルペンシルを持っている人にかなりおすすめです!

 【追記】使用開始から4か月経った感想

※2017年9月追記

使用開始から4か月程経ったので、主に耐久性について書いてみます。

 

シリコンカバー・・・伸びました!!

充電するときにこういうスタイルでキャップを外すからか、この矢印の部分がどうしても伸びてしまうんですね。。。

 f:id:kiitos-moi:20170918230423p:plain

だからといって、使用感に特に違いはあるか、といわれれば、現時点ではないのですが、ちょっとぶかぶかして気になるかな?という感じでした。

 

私はシリコンカバー付きのほうが持ちやすいですし、もうこれなしでは絵を描けなくなっているので、カバーがダメになったら買いなおすつもりではあります。。。

f:id:kiitos-moi:20171125195402p:image