Mokapple Blog

英語学習、フルート、旅行についてのんびり描いたゆる絵日記です。

1年前新入社員だった私から2017年新卒にむけて




f:id:kiitos-moi:20170403214436j:image

 

 mokaです。

 

4月ですね!

この春から社会人になる人も多いと思います。

 

私も一年前、桜を見ながら、入社式、そして研修に挑んでいました。

新入社員研修を受けて 

新入社員研修とは、右も左もわからない真っ白状態の学生から勤務先の会社色に染まるための儀式だと私は思っています。

 

マナー講座や社会人としての姿勢を叩き込まれ、とにかくその会社に適した人間になるように、刷り込まれます。

 

別にこれが悪いと言っているわけではないですよ。

 

マナー講座は、日本社会で生きるのであれば、知っていて損はないと思いますし、会社に必要な人材になるのなら、会社色に染められるのも必要でしょう。

 

ですが、仕事にすべてを奪われないようにしてくださいね。

 

目を輝かせて、早く会社に貢献できる人材になりたいとか、言っている同期を見て来ましたが、一年目で会社に貢献とか多分無理です。

 

一年目は仕事をしながら、自分にあっている仕事内容なのか、やりがいを感じられるか、休みはきちんと取れるか、自分と会社との相性を考えながら、会社に慣れるための期間だと思っています。

 絶対にゆずれないものを持っておく

私は今の会社に入る前、 絶対揺るがさない信念として、周りの人の意見に押し潰されない事、を掲げていました。

 

これは、とある人に、新社会人としての心構えのアドバイスを頂いた時に言われた言葉です。

 

薬学生だった私は、学生時代ほぼ全てを勉強に捧げ、最終学年の6年次は国家試験の対策のために土日もなだったくガリ勉生活を送っていた私は、卒業したら土日は遊ぼう!決めていました。

 

もちろん、平日は仕事も精一杯頑張るつもりでした。

 

ですが、この一年で、仕事ができるようになるにつれ、残業が増え、有休もとる暇はなく、毎日遅くまで働いてる先輩社員を見てきました。

 

そして、この会社で働く意義を見いだせなくなってしまいました・・・。

 

自分が成長すればするほど、自分の首をしめることになっているからです。

 

難しい仕事をまかされ、やりがいを感じながら仕事ができるのはいいことだと思いますが、なぜ残業ありきの業務量を振るのか全く意味がわかりませんでした。

 

いつもしんどい、辞めたいと言っている先輩社員を見て、そんな毎日を過ごすのはごめんだと思ってしまったんです。

 

むしろ仕事できない人の方が、あまり変わらな給料で仕事量も楽だから、ある意味得なのかも、という錯覚さえ覚えるほどでした。

 良い一年を!

f:id:kiitos-moi:20170403214439p:image

新社会人のみなさんのこれからの一年はおそらくあっという間に過ぎますが、くれぐれも自分の1番大切なものを見失わないでくださいね。

 

私は、周りの意見に飲まれるな、という信念通り、やりたい事に向かって大きな一歩を踏み出せた一年にすることができました。

 

皆様の新社会人としての一年目が良い一年になりますように。