Mokapple Blog

英語学習、フルート、旅行についてのんびり描いたゆる絵日記です。

電車で観光!GW京都観光におすすめルート!




f:id:kiitos-moi:20170421120030p:image

 

月一で京都観光に行ってます、mokaです。

 

ゴールデンウィークに京都観光に行く予定を立てている人!
せっかくですから、この時期にしか見れない京都を見てみませんか?

 

今回は5月の初夏の時期だからこそ楽しめる京都を、ご案内します。

 

因みに、このルートはすべて電車で行けます。

京都ではバスで観光するのは便利な反面、かなり混んだり、乗り場がわかりにくかったりするので、できれば電車をおすすめします。

今回の観光で楽しめるもの

f:id:kiitos-moi:20170421203721p:image

ご紹介するルートで楽しめるものは以下となります。
好みに応じてスキップしたり追加したりしてください。

 

メインエリア:洛北

京都のイベント・行事 | 京都観光情報 KYOTOdesignでもピックアップされている、青もみじを楽しむルートです。

 

京都駅から出町柳駅に向かおう!

それでは早速、京都駅から出町柳駅に向かいましょう。
時間は目安ですので、予定に合わせて調節して下さい。

 

9:07発 JR京都駅→JR東福寺駅(京阪のりかえ)→9:27着 京阪出町柳駅

 

出町柳駅では、有名な出町ふたばというお店があり、豆餅を食べることができます。
駅から徒歩すぐです。

出町ふたば

食べログ出町ふたば

こちらの豆餅は私も食べたことがありますが、かなりおいしいです。
ぜひ食べてみてください。


また、いつも行列ができていますが、店員さんの対応が早いので、思ったほど時間がかからない印象でした。

出町柳駅から瑠璃光院へ向かおう!

ここで、出町柳駅から叡山電鉄に乗り換えます。

 

お得きっぷ(叡電1日乗車券『えぇきっぷ』等)を購入すると、叡山電車が1日乗り降り自由になりますし、今回のルートでは元がとれるのでおすすめです。

 

10:22発 叡山電鉄 出町柳駅→10:36着 八瀬比叡山口駅

 

ここから徒歩5分で瑠璃光院につきます。

 

rurikoin.komyoji.com

瑠璃光院は、年がら年中拝見できるというわけではなく、拝観できる期間が限られているようです。

 

公式HPによると、2017年は6月15日(土)まで春の特別拝観が開催されており、お庭の綺麗な青もみじをじっくり堪能することができます。 

瑠璃光院から鞍馬寺へ向かおう!

11:44発 八瀬比叡山口駅→宝ヶ池駅→12:16着 鞍馬駅

 

 瑠璃光院を楽しんだ後は、もう1度叡山電鉄に飛び乗りましょう。
宝ヶ池で鞍馬線に乗り換えて鞍馬寺へ向かいます。

鞍馬駅へ行く途中の市原~二ノ瀬駅間には「もみじのトンネル」があり、5月の土曜・休日限定で徐行運転をしてくれます。

 

電車の中から青もみじに囲まれて、新緑をじっくり堪能できますよ~

この「もみじのトンネル」間の徐行運転列車には、私も乗ったことがありますが、秋の紅葉とは違った、初夏の青もみじを見ることができるので、とてもさわやかな気分になります。

 

鞍馬駅でランチを楽しもう

 鞍馬駅に着く頃は、そろそろお腹も空いてきているころではないでしょうか。
というわけで、鞍馬駅の近くで、お昼休憩しましょう♪

雍州路

食べログ雍州路

 

 雍州路 (ようしゅうじ) :公式サイトによると『えぇきっぷ』優待特典あり
精進料理、そばが楽しめるこのことです。

メニューはこちらを参照すると良いかと思います。(おしながき

 

腹ごしらえをした後は、鞍馬寺を観光しましょう!

www.kuramadera.or.jp

鞍馬駅を降りるとすぐに仁王門があります。
その後、ケーブルカーに乗り(100円)階段を上がった先に本殿があります。

 

鞍馬寺ではハイキングも楽しむことができ、貴船神社まで歩いていくこともできますが、ハイキングをされる場合は、歩きやすい靴、服装で来てくださいね。

+αで下賀茂神社に行こう

時間があれば出町柳に戻った後、徒歩15分ほどで下賀茂神社も行けちゃいます。

 

鞍馬寺で山登りをせず、比較的体力も残っている人は、下賀茂神社まで足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

www.shimogamo-jinja.or.jp

境内は広く、自然も豊かな神社ですので、のんびりとした時間を過ごすことができますよ。

 

下賀茂神社の媛守というお守りが、振袖のような柄で、1つ1つの模様も違って、とてもかわいいです。
よかったら見てみてくださいね~

 

 今回の観光ルートで生じた不利益等の責任は一切負えませんので、くれぐれもご自身の体力と相談しながら、自己責任でお願いしますね。

 

それでは良い京都観光を♪