Mokapple Blog

英会話好きな薬剤師によるイラストブログ。

DMM英会話からちょこっと浮気してELTOで医療英語を勉強してみた!





現在DMM英会話をやっていますが、1ヶ月間だけ、医療英語を学ぶために別のオンライン英会話であるELTOに浮気したことがあります。


というわけで今回は1ヶ月間計20回、ELTOを受講してみて感じたことを書いていきます。

教材が豊富

これELTOで1番いい!って感じたことです。
医療英語が月7000円で、こんだけ豊富な教材が揃っているなんてすごすぎる。

​動画でネィティブの会話を聞きながら医療英語が学べます。
演技がTHE外国人って感じでリアクションが大きく、見てて面白い教材になっています。

講師の質が一定

DMM英会話との大きな違いは、自分で講師を選ぶことはできないことだと思います。レッスンを予約するときは時間帯だけ予約して、先生はレッスンの時のお楽しみ。
ですが、どの先生に当たっても、一定の質の授業を受けられます。

私は医療英語コースしか受けたことがないのですが、授業の流れはこんな感じ。

ダイアログを音読⇨単語を発音し、間違っていれば教えてくれる⇨単語の意味を英語で説明、正しい定義も教えてくれて、チャットボックスに記入してくれる⇨授業内容に関連する質問に答える

どの先生も基本的にこの流れて教えてくれました。
私の拙い英語を正してくれて、しかもチャットボックスに記入してくれるのはとても助かります。


私が使った教材

私は主にPharmacy Ⅰ初級と、GastrointestinalⅡ中級を集中して受けてみました。

レッスンをう受ける前に一度動画を見て予習し、わからない単語を調べます。
英語で説明できるように準備しておくと尚Better!

日本語ではよく聞く1日3回食後、という言葉も英語にするとなかなか難しいです。

病気については、何の病気なのか英語で説明することが求められますので、
どこの部位の病気なのか、症状は何なのかは予習しておく方が良いです。

今現在薬学生だよーって方は、良い勉強になると思います♪

動画サンプルはYouTubeで見れます!

医学英語アカデミー予習動画(サンプル)

1ヶ月でどれくらい伸びたか

1ヶ月契約し、合計 20回受講しました。
受講済みのレッスンは、写真のようなチェックマークがつきます。
テンションあがります!!!

やっぱり動画教材っていうのがすごくいい。
忘れても、動画を見返せば思い出せるし、復習には最適です。

私は、food poisoningって、誰かが食べ物に毒を入れでもしたのかと思っていたのですが、動画を見ていくうちに、それでは会話が少しおかしいことに気づき、food poisoningは食中毒だと学びました。

確か病名には語尾にitisが付くと炎症を意味するとか、決まりがあったのですが、
その決まりを丸覚えすることから入るよりも、耳を慣らしていって聞き覚えのある英単語を増やした方がいいのかな、と思います。

医療英語を学ぶならELTO

私はやっぱりDMMの先生が好きですし、何より楽しくレッスンできるので、現在はDMM英会話に戻っていますが、オンライン英会話で本格的に医療英語を学びたいならELTOをおすすめします。

DMMにも最近医療英語の教材が追加されましたが、やっぱり少し物足りない・・・。
需要は少ないかもしれませんが、医療英語の充実、お待ちしています!