Mokapple Blog

トロント留学中!英会話好きな薬剤師によるイラストブログ。

【DMM英会話】2013年頃と2016年現在を比較してみた




f:id:kiitos-moi:20161206203511j:image

 

私がDMM英会話を始めたのは2013年。

あの頃と今のDMM英会話を比べると、あー、変わったなぁ、と思うことがあります。

 2016/12/26追記・編集

無料体験でネイティブの先生が予約できた

2013年2月にサービスを開始したDMM英会話。あの頃はまだオンライン英会話の認知度も低く、生徒も少なかったのでしょうか、カナダやアメリカのネィティブの先生のレッスンが、無料体験でも受けられました。

私無料体験で受講したのは、アメリカの先生とカナダの先生。二人ともとても優しく教えてくれました。
2016年12月現在、アメリカの先生はもう辞めてしまったようですが、カナダの先生はまだいらっしゃいました。

 

その後、生徒数が増えたのか、ネィティブの先生はレッスンのコマを開くと秒で予約が埋まるように。

 

現在では通常プランとは別に、ネィティブプランができたことで、そちらに入会すれば、ネィティブの先生のレッスンを受けることができます。
私も1か月ほど入ってみましたが、予約が取りやすくて感動しました。

 

通常プランと比べてお値段は少し張るので、お財布には優しくないですが笑

 

デイリーニュースが無かった

f:id:kiitos-moi:20161206211920j:image

今、おそらく多くの生徒に人気なのではないかと考えられるのが、デイリーニュースという教材です。

 

DMM英会話 デイリーニュース教材 | DMM英会話が送るニュース教材、毎日更新!

 

毎日更新されて、話題のトピックを先生と話せるので、私もよく利用しています。しかし、この教材も当初はありませんでした。


最近はメディカル英語や、日本のことを英語で話そうといった教材など、面白そうな教材がどんどん増えてきています。

 

初期の頃はよく、発音練習、早口言葉、海外のサイトや洋書を読んでいた気がします。

レッスン内容の変更ができなかった

f:id:kiitos-moi:20161206211926j:image

DMM英会話では、レッスンを予約後、1度だけレッスン内容を変更できます。

 

予約の際に、次回希望するレッスン内容を選んだり、先生の話すスピード(速め、遅め等)などをリクエストできるのですが、予約争奪戦に参加するなら、次回レッスンでの希望のレッスンスタイルとか、その他コメント欄に時間なんてかけてられません。

 

予約→レッスン内容を変更→後から自分のやりたいレッスンスタイルを入力する、

というのがこのシステムの使い道だと思っているのですが、当初はこんなシステムありませんでした。

 今ほど予約争奪戦も激しく無かったかもしれないですが。

レッスンノートを見返してみたら 

f:id:kiitos-moi:20161206203704j:image

昔のレッスンノートを見ながらこの記事を書いているのですが、2013年頃にはいた先生も、かなりいなくなってしまっています。寂しい限りです。 

 

因みに、スマホでレッスンを表示した場合、たいていの先生は3行ほど書いてくれているのですが、1番書いてくれた先生は30行程ありました。

DMMの先生個性豊かで、マニュアルにそったような画一的なレッスンではなく、それぞれ得意なレッスンスタイルがあるように思えます。


レッスンを生かすのも殺すのも、生徒次第。自分がどんな先生にどのような授業をしてほしいか明確にして、先生とうまいこと付き合っていくのが大切だと思います。

 

たまにはレッスンノートを見返してみるのも、モチベーションアップに良いかもしれません。