Mokapple Blog

英語学習中。フルートを吹いたり絵を描いたり。

【カナダ留学編】9週間目:英語を話すことを怖がらないで!




f:id:kiitos-moi:20170904093029j:image

もう何も怖くない!?

mokaです。今回はカナダ留学9週目のお話です。

当初は友達も知り合いすらもいないし、孤独な日々を過ごしていたのですが、友達はできました。

友達作りのためにやったこと

  1. meet upに参加する
  2. 語学学校のクラスメイトに積極的に話しかける
  3. 一緒に外食へ行く

meet upみたいな集まりでは、よく終わった後にみんなで外食に行くことが多いのですが、そういう集まりにも怖がらずに参加してみると、名前も覚えてもらいやすいですし、気が合う人が見つかります。

 

結果として、外食が増えてお金がお亡くなりになったのですが・・・一緒に出かけられる友達がいるって幸せです。

日本語より英語を話す機会が増える

トロントはマルチカルチャーの国。
移民、留学生を含め、様々なバックグラウンドを持つ人たちが住んでいます。

 

そんな彼らと話すには、もちろん英語が必須!!

 

人生で初めて、日本語より英語を話す時間が長い1日を過ごしました。が、集中力がもたない・・・。

なにをかくそう、私は日本語での会話ですら、途中で記憶がブラックアウトするほどの集中力が無いのです。

常に頭フル回転、人との会話もスムーズにいかなくてしんどい。

でも英語で会話することで、初めて英語伸びてる!って感じるようになりました。

f:id:kiitos-moi:20170522082413j:plain

よく友達と遊ぶので、その日は予定があるの、とか、それはいいね!とか、誘いを受けたり断ったりするフレーズを覚えかたかなって感じです。

 

これからはボランティアに参加してみようかなと思ってるのですが、そういう時も、人からの情報収集が大事

 

チューターの先生から、人にものを尋ねる時のフレーズをたくさん教わったので、色々使い分けながら使っていきたいと思っています。

【まとめ】英語を話すことを怖がらない

今週感じたことは、下手な英語でも聞いてくれる人は一生懸命聞いてくれるし、わからなければ聞き直してくれるということ。

 

最近は留学生だけでなく、英語を母国語とする、主にカナダ人の人たちとも話す機会が増えたのですが、適当に流したりする人もいれば、しっかり聞いてくれる人もいます。

 

英語が通じないのを100%自分の英語力のせいにする必要はありません。
相手の態度によって通じるか通じないかだってかなり変わってきます。

 

私も、人が話してる時は、話し相手をリスペクトして、きちんと聞く態度を持つことって大事だと思いました。