Mokapple Blog

英語学習、フルート、旅行についてのんびり描いたゆる絵日記です。

【カナダ留学編】7週間目:イングリッシュネームの必要性について




f:id:kiitos-moi:20171003205140p:image

トロント留学中のmokaです。
トロントはマルチカルチャーな街。色々なバックグラウンドを持つ人が住んでいます。

 

そんな中で、日本ではなかなか無い経験なのですが、相手の名前が聞き取れない事案が発生しています。

イングリッシュネームは作るべき?

聞きなれない単語ってやっぱり聞き取れないんですよね。
日本人の名前は聞きなれているので、一発で聞き取れるんですけど、外国人の名前はどうしても覚えづらい。

 

特に中国、韓国は難しいです。そんな時、イングリッシュネームがあると、覚えやすいし、呼びやすいしですごく助かるんです!!

イングリッシュネームとは、相手に覚えてもらいやすいように、本名とは別に、欧米系の名前を持つことです。私のイメージでは韓国出身の人が良く使ってますが、日本人で使っている人は会ったことありません。

 

私はイングリッシュネーム作るのはあまり乗り気ではありませんでした。というのも、やっぱり本名で読んでもらいたい、という気持ちがあったから。

とはいっても、初対面の人と仲良くなろうと思ったら、覚えやすい名前の人か、よく名前のわからない人がだったら、前者の方が親しみを感じやすいですよね。

 

というわけで....イングリッシュネーム、作るか。

 私の名前はどうやら覚えてもらいにくい分類に入るらしいので、私もイングリッシュネームを考えてみることにしました。

自分の名前に関連するワードか何か見つけたり、名前を外国人にも覚えてもらいやすいようアレンジしたり、色々考えた結果、イングリッシュネームが無事決定♪
(※本名はmokaではないです、念のため)

 

本当に仲良くなった人は、真剣に本名を覚えようとしてくれるし、使い分けるのもいいかな、と思っています。

友達ができ始める

f:id:kiitos-moi:20170724005745j:image

トロントに来てからというものの、しばらく孤独にさいなまれていたのですが、最近ようやく日本人以外の友人ができました。

 

 バーで数時間英語で話したのですが、なんとか詰まらず話せるようにもなりました。多分相手がネイティブだったというのがあると思うのですが。。留学生同士はお互い苦労しながらの会話になってしまうので、なかなかスムーズには会話はできないんです。

 

英語を話すようになって気づいたのですが、英語を話す人って北米だけじゃなく、世界中にいるわけですよね。

日本語使う時って99%相手が日本人だから、話してて詰まることもないし、気を使うこともあまりないけれど、英語は共通言語だからそうではないです。

英語を理解できる人もいれば、私みたいに必死で聞き取らないとわからない人もいる。

 

英語を話すときは、相手の反応を見て、分かってなさそうだったら一度立ち止まって、会話について来れてる?って確認する気遣いが重要だと思いました。

 

こういう感覚って日本語を話すときはあまりないので、新鮮だな~と思います。

シェアハウスでの生活

ホームステイから、ダウンタウンのシェアハウスに引っ越しました!!

ホームステイ先では料理はまっっったくしなかったのですが、シェアハウスでは料理は必須。ということで、必要な料理道具はDollarama(日本のダイソーのようなお店)で一式揃えました。

 

包丁、まな板、お玉、フライ返し、ボウル、ピーラー、タッパー、お皿、フォーク、スプーン、キッチンペーパー、他にもドライヤーや湯沸かし器などなど買いましたが、合計1万円くらいです。

 

電化製品はカナディアンタイアが安くて品ぞろえも良く、おすすめです。トロントに留学中の方はぜひ♪

f:id:kiitos-moi:20171125195402p:image