Mokapple Blog

英会話好きな薬剤師によるイラストブログ。

【英語学習】デイビッド•セインのネィティブはこう使う!シリーズが値下げされているので全部ポチってレビューしてみた




 

 

mokaです。

amazonでデイビッド•セイン著書の、ネィティブはこう使う!シリーズの電子書籍版が99円のセールをやっていたので、書籍版を持っているにも関わらず、つい、全部ポチってしまいました。

この本、私が普段英語を学ぶ上で、わかりづらいなー、と感じていることを、漫画でわかりやすく説明してくれるので、かなりおすすめなのです。

ネィティブはこう使う!シリーズ

シリーズは全部で6冊あります。 この本でわかりやすいのは、まずその英語を使うシチュエーションを漫画でざっくり紹介してくれて、次ページで細かく説明してくれるところです。

 

さらにその次のページで類義語や、それらはかなり偉そうな言葉になってしまうのか、カジュアルな場面で使う言葉なのか等どのような状況で使える英語なのかを説明してくれてます。 

 

なので、本当に使える英語を学べる本だと私は思ってます。

とりあえず、電子書籍を読んで感想をば!

マンガでわかる英会話フレーズ

直訳では???となるような英会話フレーズがたくさん学べる1冊です。

 

まずは相手にあいさつするときの簡単なフレーズから、

Hi there.

How are things?

難しいので言えば

Are you up for a movie?(映画なんかどう?)

とか。

 

こんなん絶対普通に言われても、意味わからないわーって思うフレーズばっか載せてくれてます。(当社比

 

 マンガでわかる冠詞

aとかtheとか、冠詞ってわからないんですよね。そもそも日本語で使わないですし...

学校で、最初はa book、次に出て来たらthe bookでtheを使う、とは習ったけど...

 

この本では、そんな曖昧な定義ではなく、どういう時にa、the、無冠詞となるのか、はっきり説明してくれてます。

 

例えば、

I want to eat a chicken.

と言うと、チキンを丸ごと食べたい、と言う意味になり、

I want to eat chicken.

と言うと、チキン食べたい、という意味になるそうです。

機内食で、

beef or chicken?

と聞かれるのも、私が"a"を聞き取れていなかったわけではなくて、元々無冠詞だったんですね....(機内食で丸ごと牛出されても困りますし

 冠詞系が苦手なら、この一冊は買って損することはないです。

 

マンガでわかる前置詞

前置詞も、苦手

それ、要するに英語できないんだよね??

•••••うっ

私が学生時代、かなり悩まされたのが前置詞です。

Arrive in time.Arrive on time. の違いがわからない。

 どっちがギリギリに来ていると思いますか?

 

前置詞こそ、イラストでの説明が活きてくる言葉だと思ってます。

 

昔子供に英語を教えていた時期がありましたが、箱を用意して、箱の上に座ってOn、ボールを中に入れてIn、箱の周りを回ってAround〜っ言いながらレッスンしてました。

 

このくらいならわかりますけど、withinとか、intoとか、untilとか、byとかってわかりませんよね。

 

この本では、そういう前置詞も、イラスト付きでイメージを教えてくれます。

これでもうPlease reply this email until tomorrow. なんて言わなくて済む...
※Part1,レッスン5 より

マンガでわかる動詞

bringtakeとか、catchgetとか、だんだんわからなくなってくるんですよね。

 

この本では、そういうちょっと似通ってて、使い分けづらい動詞を説明してくれます。need toとか、shouldといった、助動詞の説明もありますね。

take a taxiとかride a taxi、どちらがタクシーに乗る、と言う意味になるか、わかりますか?答えはレッスン7で!

マンガでわかる形容詞•副詞

こちらも基本スタンスは上記の動詞と一緒です。fastquickの使い分け、latelyrecentlyの使い分け等、似通ってて使い分けしづらい形容詞、副詞を説明してくれます。

 

lately=recentlyだと思っていたんですが。私は。

厳密には 違うようです。

こちらはレッスン5で、説明されてます。

 

マンガでわかる時制•仮定法

未来形とかは、特に悩んだことないつもりだったのですが、洋画見てたりすると何となく聞いたことのある、

I'll do it. 

や、

I'll be doing it.

 

ん???

 

なんで現在進行形なの??

 

とは思ってましたが、何となく意味はわかるのでスルー。してました。

 

I'll do it. は、私がやります、I'll be doing it. は、私がやることになっています、という意味で、ニュアンスが異なるようです。

Part2 レッスン1より、i live in ○○. ではなく、i'm living in ○○. とすると、将来的にどこか引っ越す、というニュアンスになるようです。

今後英会話の自己紹介の時に、現在進行形で言ってみて、先生がどう反応するかみてみたいなーと思ってます。 

 

こういう使い方がある、ということを知っておく

この本を読んで、今すぐ使い方が理解できるようになるとか、英語力がアップするようになるとかは私は思っていません。

 

ですが、この本を読むことで普段ネィティブがしゃべっている英語にはこういうニュアンスが含まれているのか!っていう気づきには繋がると思います。

 

前述したI'll do it. と、I'll be doing it. も、私はニュアンスの違いを全く知らなかったので、完全にスルーしてましたが、今後この場面に出くわした時は、ニュアンスを理解できるようにはなっているかなと。

 

そうやって徐々に、自分の中の英語の見識を広げられていけたら、と思います。今回ご紹介した本はそういう英語の理解が深まる本でした。

広告

英会話